いっそおかしな妄想まで付き合ってくれ

「関ジャニ∞は世界一!」が口ぐせです。丸山くんにたらしこまれたい。

夢を掴むまで止まんじゃねぇ

あれから3日が経ちました。各々メンバーがメディアでやっと語ってくれたので、ひとつひとつまとめてみました。おかげでだいぶ私の中でも整理できてきた。

 

◎9月6日 日刊スポーツインタビュー(ただよしんご)

・GR8EST終わりから話し合いを始めていた。それぞれが人生を考えた結果、3月にはこの形になった。解散も考えた。

・間を空けたら休んでしまいそうだから、そしてファンも姿を見た方が安心するんじゃないかと考え、スタッフさんに無理を言って47をやることにした。

・大倉さん「辞めないです僕は」。今まで言えなかった理由は自分一人だけ否定するわけにはいかなかったから。錦戸さんには『長い間ありがとう』とメールを送った。『こちらこそありがとう』と返ってきた。『お互い頑張ろう』と締めた。

 

 『辞めないです僕は』たった8文字だけどこの言葉が嬉しかった。報道が出ていましたが、私、大倉さんは今は脱退しないと思ってたんですよね。『グループにいること』に対して尋常じゃない思い入れがある人だと思っているので。それでもやっぱり言葉にしてくれると嬉しい。この言葉が彼を苦しめないといいなと思うけど。

 

 

◎9月7日 サタデープラス(丸山くん)

・報道を見たけど違う。亮ちゃんがどうってわけではなく、それぞれがこれからの人生を考えた結果この形になった。

・亮ちゃんはジャニーさんから受け継いだエンターテインメントを追求していくと思うので応援してほしい。

・発表が遅くなったのは関ジャニ∞としてのライブを純粋に楽しんでほしいから。ファンファーストで考えた結果。

関ジャニ∞の次のチャプターの1文目は「目の前の向こうへ」。亮ちゃんもそうだけど、これから起こることに対して、応援してくださる方をこれから目の前の向こうへ引っ張って行く。

・十五祭の構成は大倉さんが考えた。8体のBOYも大倉さん案。今でも8人横一列で並んでいると思っている。

 

正直放送を見る前めちゃくちゃ緊張しました。すばるくんの時のサタプラの丸山くんは本当に心ここに在らずって感じで。それが頭をよぎってしまって怖かった。でもこの日の丸山くんは全然違っていた。目も据わっているし、顔つきが良かった(自担に激甘!!ちょっと浮腫んでたのと目の下のクマは気になったよ><)。アイドルに骨を埋めると言ってくれたあの時から彼の覚悟は感じでいたけれど、それ以上のものを感じました。好き!!そして本当に優しい人だなと思う。こんな時まで自分以外の誰かのことを想ってるんだね。錦戸さんが悪者みたいに言われていることが耐えられなかったんだね。街頭インタビューの時に『(応援したいというファンに対し)⇒頼むよ~!』とコメントした丸山くん。私はずっとずっと丸山くんを応援するよ。

 

 

◎9月7日 大倉くんと高橋くん(大倉さん)

*こうなった経緯についてと錦戸さんへの思い

・7人が6人になる。世間から見れば1人減るだけ。言葉にするとそれだけですがそんな簡単ではなかった。7人で絶妙に保っていたバランスが崩れた。皆に悟られないように頑張っていたが心は擦り切れ、限界に近付いていた。そんな中今後6人でどうアプローチをしていくか話し合った。

・この2年間しんどかった。でも関ジャニ∞を愛しているんだと再認識した。この15年は宝物のようにキラキラしていて僕の青春。だからこの15周年をファンと祝いたい、悲しいものにしたくない、心から楽しんで欲しいと思ったので発表をツアー終了後にした。

・1人と5人になったのはチャレンジの方向性の違い。亮ちゃんは多くを語らない人なので、これから自分の活動で体現してくれると思う。

・5人になって覚悟できていたはずだけど心にぽっかりと穴が空いている。すごく寂しい。だけど1歩ずつ歩きだそうと思う。

 

*eighterへ

・まだ立ち止まって、後ろを振り返ってもいい。時間が経って前を向いた時、僕らが皆の前に立っていられるように、笑顔で迎えられるように準備をする。

・正直な気持ちで5人に向き合ってくれて大丈夫。

・eighterがいたから半年間ずっと笑顔でいられた。辛いことも悲しいこともいっぱいあるけどだからこそライブで笑い合えるあの瞬間がすごく幸せ。

・明日からお互い頑張って、またライブで会う時は泣いててもいいから笑顔で会えるといいなと思う。お互い元気をもらって支え合ってここまで来られたと思っているので、これからもこんな大変な俺たちだけどよろしくお願いします。

 

*これからの関ジャニ∞について

・僕の隣には仲間がいる。重い荷物を持ってくれるお兄ちゃんたちがいる。泣きたい時は泣きますし、つらい時はしんどいと言う。

東京スカパラダイスオーケストラさんのメモリーバンドという曲の歌詞の通り「ぼくら人生のステージの上にはいつだって全員で並んでる」。それはこれからも変わらない。

・1度きりの人生、この選択が正解だったと思えるように頑張る。

・あくまで個人的な意見だが、次こういうことがあるなら終わりでいいと思っている。お互いちゃんと心の準備ができるように発表したい。

 

*47について

・3月からどうしたらファンの皆さんに安心してもらえるかを考え、いつかもう一度やりたいと思っていた47をやることにした。自分たちの新しい方向性や覚悟を正直に伝えたい。傷だらけになっても泥臭くても前を向いて上を目指す。

・止まることってできない。ずっと走ってきたから休むと力が今よりもっといりそうで。 

 

大倉さんは関ジャニ∞の中で1番こちら側に近い感覚を持っている人だと思っています。いつだって私たちが欲しい言葉をくれるんだよなぁ。ANNを聞いて、発表以来1番泣いた。私が思うよりももっともっと彼らは大変だったんだなって。まさに最低で最弱だったのかなって。それでも関ジャニ∞を続けたいと思ってくれて本当にありがとう。ファンと元気をもらいあって支え合っていると言ってくれてありがとう。ファンが彼らを苦しめてるんじゃないかって思ってたけど違ったんだと知れて心が軽くなった。それと、次は終わりでいいと言ってくれたこと、私は嬉しかったです。残酷かもしれないけど、それだけの大倉さんの覚悟を感じたし、もうビクビクしなくていいんだ、変な思いを抱いて彼らを見なくていいんだと思ったら腹括れました。

 

 

____________________

この3つでなんとなく見えてきた。それFC向けの動画かコメントで言えよ!と思わずにはいられなかったのだけど、私はすっかり忘れていた。関ジャニ∞ってどこまでも不器用な集団だったってことを。器用じゃないからこそ皆で力を合わせて考えて模索して失敗して、それを重ねて重ねて一歩一歩進んで強くなってきたグループ。そして仲間思いで、アツくて優しい人ばかりのグループ。錦戸さんの好きな歌や錦戸さんが作った歌をたくさんセトリに盛り込んでたことも、全員で十五祭を駆け抜けたことも、錦戸さんの意向を汲み取って(たぶん)、こういう終わらせ方や始め方にしたことも、全部愛だね。そんなことも気付かずにぶつぶつ言ってごめん。でも言ってくれなきゃわかんないよ...。

 

なぜ47をやるの?とずっと思ってましたが、今日のANNの大倉さんの言葉を聞いて腑に落ちた。その時に音楽と人(2019年4月号)のインタビューのことを思い出したので紹介しておきます。

 

(以下インタビュー抜粋)

丸山「何があっても次があることを知った。決めたことをいつまでも悩むのって後悔じゃないですか。それは嫌だし、何もない人生って楽しくないでしょ。」

大倉「何かを乗り越えようと苦しんでる時の方が妙な一体感が生まれて、大変だけど充実感がある。そもそも汗かいて泥だらけでやってないと落ち着かない(笑)」

安田「メンバーそれぞれのらしさや、嘘のない人間っぽい部分が自然とテレビや生の表現に出て、この人カッコイイなとか楽しんでるなって思ってもらえたら、グループのカラーも濃くなってくると思う。それがこれからの僕らの大きな武器かな。夢や希望を与えることと同時に、そこだけじゃない部分をあくまでユーモアやエンターテインメントに転換していけたら。」

村上「僕らずっと足元グラグラですから。もしかしたらすべての荷物を降ろした方が楽かもしれないけど、たぶん足腰ガクガクのまま歩くしかないんやろうなって思うから。」

横山「今、何が正解なのかわからないんですよ。だから何か言うよりも、ライブをできるだけやって、僕たちはこうだってことを感じてもらうしかないと思ってます。」

 

ファンのためにと言っているけど、もちろんその気持ちもあると思うけど、本当は自分たちのためにやるんだなって。疲労困憊でも満身創痍でもボロボロになっても、それをファンに見てもらうことで、自分たちが完走することで、自分たちの選択が間違っていなかったんだと思うために、これに人生賭けるんだと覚悟を決めたことの証とするためにやるんだ。私はそう感じました。なんだよそれ、その考えめちゃくちゃ格好良いじゃん。大丈夫かな?とか心配してる場合じゃねぇなって(めちゃくちゃ心配ですよ!!47年かけて回ればいいじゃん位には思ってますよ!!)

 

だから私は47行けるだけ行きます。5人が関ジャニ∞に残った理由も5人で掴み取りたい夢も教えてもらってないけど、彼らの覚悟をしっかりと受け止めて微力ながらも応援したい。彼らがズタボロになってしまったとしてもちゃんと見るよ。周りから見たら笑っちゃうかもしれないけれど、私の人生、関ジャニ∞しかないんですわ。関ジャニ∞に人生変えられて気付いたらここまで来ちゃったのでこうなったら地獄の果てまで着いていくよ。そして彼らには「ごめんね、大丈夫?」ではなく「ありがとう、大好きだよ、関ジャニ∞応援してて楽しいよ!」をたくさん伝えたい。ということでこれからもよろしくね。関ジャニ大丈夫?どうなんの?って言ってる世の中をひっくり返してやろうぜ!!!NOROSHI高々とぶち上げてやろうぜ!!!まだまだ終わってねぇんだろ!!!?

 

 

そして最後に錦戸亮さんへ

頑張る頑張ると言って自分を鼓舞するところ。不言実行なところ。本当に尊敬します。多くを語らず、去っていくことも錦戸さんの美学なんだと今は思えます。GR8EST名古屋でしんみりしちゃった時に「名古屋笑え!!」と言った錦戸さん。ファンにコンサートを笑顔で楽しんで欲しいと思っていたのだとしたら、この選択も彼らしいなと思います。GR8ESTで錦戸さんが「関ジャニ∞を引っ張る」と言ったこと、あれは本気だったと思う。GR8ESTの錦戸さんの姿を見てあれが嘘だっただなんて、裏切られただなんて絶対に私は言えない。6人でも関ジャニ∞は大丈夫だと信じさせてくれたのは紛れもなく錦戸さんの存在です。ありがとう。最後に関ジャニ∞錦戸亮として見た東京ドームの景色はどうだった?いい思い出だったらいいな。

 

でも少し言わせてほしい。類い稀なる格好良さと可愛さとスター性を備えていて、才能もたくさんある錦戸さんが関ジャニ∞という少しトンチキだけどおもろくて格好良い集団に属して、ニコニコしていることが嬉しかった。型にハマりたくないタイプの人だと思うのに、楽しそうにジャニーズアイドルとしてメンバーと笑い合っている姿が好きだった。私が思うに、錦戸さんって関ジャニ∞が格好良いことを誰よりも知っていて、それをどうやったら世間に知らせられるかを模索してた人。だから関ジャニ∞のために錦戸亮が作る曲はとても格好良いなと思っていたし、大好き。錦戸さんの思う、『格好良い関ジャニ∞』はもう完成されてしまったのかな?それともそれを実現することは難しいと思ってしまったのかな?そんな風に思っています。まぁ彼のことだから一生本当の理由は言ってくれないだろうね。でも、どんな理由であれ、これからのあなたの人生の基盤に関ジャニ∞が選ばれなかったこと、1人のファンとして、あなたにこの景色をずっと見ていたいと思わせられなかったことが悲しいし悔しいです。ほんと。まるりょユニも見たかった。お互いがお互いを格好良いと言い合うまるりょが組んだら絶対格好良いものしかできないに決まってたから。

 

とは言っても錦戸亮ちゃんの笑顔と演技と音楽のセンスが大好きなのでこれからどんな形で見れるかはわからないけど楽しみにしてます。今まで本当に本当に大きなものを抱えながらそれでも関ジャニ∞のエースとしてグループを引っ張ってくれてありがとう。綺麗な花咲かせてね。絶対に絶対に幸せになるんだよ。

 

 

関ジャニ∞の第3章は9月3日で終わったんだと思う。短かったけど私にとってはとても濃くて素敵な1年ちょっとでした。6人の関ジャニ∞は今まで以上に人間臭くて本当に格好良かったよ。ありがとう。9月4日からは新章と言うより新刊かな?と思っています。この本が分厚くなりますように、たくさんの素敵な物語が刻まれますように、心から愛を込めて...!!!

f:id:kaaan8:20190908111525j:imagef:id:kaaan8:20190908130148j:image

何が起こるかなんてNobody knowsで

※完全にメンヘラ状態の関ジャニ∞のオタク(丸山担)が後先考えずに9月5日時点で感情のままに書き殴ってます。お付き合いいただける方だけどうぞ。

 

2019年9月5日 16時過ぎ

仕事の時は基本的に携帯を見ないのですが、たまたま携帯を触り見てしまった関ジャニ∞FCからのメール。『あぁ、そっか。』と悟った。職場で取り乱すわけにもいかないと思い、終業後に見ようと考えたものの、いろいろな思いが込み上げてきてしまい仕事が手につかなかったので、トイレに駆け込みFCページにログインしました。

 

 

錦戸亮さんのジャニーズ事務所退所のお知らせ。予感的中。すばるくんの時みたいにボロ泣きするかと思っていたのに唖然としてしまって涙も出なかった。自分でもびっくりする位。ただただ立ち尽くすだけ。

 

 

思えば3月からなんとなく覚悟してたのかもしれない。本人達の言葉しか信じたくないけれどどうしても見てしまう報道の数々。前例があるのでこの三流媒体め!!と蹴散らすこともできなかった。crystal発売のプロモーションもほとんどなく、待ちに待った地上波初披露はあの感じ。なんかあったのかなぁと勘ぐってしまったよね。

 

 

そして迎えた十五祭。今回は行けるだけ行っておきたい、そう思ってほぼ全ステすることにしました。オープニングの映像、セトリ、衣装や装置へのお金の掛け具合、本人達の気合いの入りよう。関ジャニ∞の集大成感がひしひしと伝わってきてすごく嬉しかった。でも同時にあれ?大丈夫か...?と。このまま終わっちゃうんじゃないの?って。前の記事でも書きましたが1番引っかかったのは挨拶。VTRであること、錦戸さんだけメッセージがないこと、大倉さんの意味深すぎる違う場所で綺麗な花を咲かせたい発言。

 

 

とは言え、十五祭は本当に素晴らしい公演でどの公演も楽しかったので、回を重ねる度にそんな気持ちはなくなっていました。まだまだ終わらないと確信してたし、モヤった挨拶もポジティブに捉えていました。

 

 

迎えたオーラス。8人でお揃いの法被を着て並んだでかBOY。怖い何かある...とTwitterのタイムラインに情緒が不安定な人がたくさん現れたね(私もその一人)。『今日で1000万人。Are you ready?』の文字と共に開演。ヤモリの素揚げにぎゃーぎゃー言って、バチバチに踊って、バンドして、たくさんアイコンタクトして、わちゃわちゃするいつも通りの関ジャニ∞だった。銀河一格好良かった。ダブルアンコでヒナちゃんが「関ジャニ∞は走り続けられる限り走り続けます」と言った時、モニターに15→16 to be continuedと出た時の会場の歓声を私は忘れない。みんななんだかんだ不安だったんだなって思ったし、私自身もこれからも生きる!頑張る!と思っていた。

 

 

その余韻に浸れるのがたったの1日半だったとは。6人の終わり方が完璧すぎる。彼らのプロ意識の高さに完全に騙されてた。全員楽しそうだったもん。またまだ続くと思わせてくれたもん。私自身もめちゃくちゃ楽しかったもん。そりゃ錦戸さんが最後深々とお辞儀してたことも、やたら横山さんが「絶対また会いましょう」と言ってたことも、内博貴くんが見に来てたことも、今思えばそういうことかと思うけども。誰も泣かなかったし、そんな素振り一切見せなかった。ほんとすごい。完璧だったよ。

 

 

諸々の報道に対する関ジャニ∞からの答えがひとつのうただと私は信じてやまなかったけど、あれは関ジャニ∞とeighterの歌であって、関ジャニ∞のメンバー同士の歌ではないんだよな!ずっと一緒ずっと一緒って歌えるわけないもんな!ははは!オーラスダブルアンコのヒナちゃんの挨拶だって「6人で」とは言ってなかったもんな!!彼らはいつだって不器用だよな!肝心なことは言ってくれないけどちゃんと示してくれてるんだよな!ははは!月曜から御めかしの歌詞に「何が起こるかなんてNobody knowsで」ってあったのは匂わせ??ばか!木曜から泣き腫らしだよ!!! っていうか錦戸さんはどんな気持ちで蒼写真の大サビ前歌ってた...?

 

 

そんなことを考えながら迎えた17時。5人の動画公開。違和感しか感じなかった。冒頭のみ少し強ばった顔をし、セリフのように言葉を放ち、ヘラヘラして空回りする姿を見て何を感じろと?理由も自分たちの素直な気持ちも教えてくれない。挙句の果てには突然の47発表。何よりすばるくんの名前は出すのに錦戸さんの名前を一切出さない。一昨日まで8人や8色を強調していた人達だとは思えなくて、私は混乱するばかり。全然気持ちが着いていけない。

 

もう決まってしまったことなので、どうすることもできないことはわかっているけれど、永遠を願った錦戸亮がなぜ関ジャニ∞を、ジャニーズ事務所をやめるのか、それに対して関ジャニ∞はどう思っているのか知りたい。多くを語らない錦戸亮がすきだけど、これはあんまりだよ。2018年にはできたことじゃん。比べてはいけないと思うけどあの時は何もかもが完璧で、あとはこちらが受け入れるだけだったじゃん。47をやってくれることはとってもとっても嬉しいけど、ファンを喜ばせるためにそんなに自分たちを傷付けて大丈夫?それで幸せ?なんだかファンが彼らを縛り付けてるんじゃないかと思えてしまって私はどうしたらいいんだろうとなってしまうよ....。彼らにはただただ笑っていて欲しいだけなんだけどな。それも私のエゴかな。なんて。こんなことが頭の中をぐるぐるしている。完全にメンヘラ(笑) あと何日かしたら自分の気持ちを整理できるかなぁ。

 

 

 

(こんな暗いブログに最後までお付き合いいただきありがとうございました><これを書いてから2日経ちましたがだいぶ落ち着きました><)

十五祭の話をしよう

f:id:kaaan8:20190812181430j:plain

お久しぶりです。

十五祭も元気に5大ドームを制覇します、みみりんです。

あっと言う間に十五祭も残すは東京公演のみになってしまいました><1ヶ月空くのでここら辺でまとめでもしておこうかと。

 

十五祭は関ジャニ∞の大総括をやってるなという印象です。まさか年表形式でこの15年を振り返るとは思わなかった。りょうちが2人一組で戦っている描写に泣かないわけがないし、長野の件の年を間違えているあたりは関ジャニ∞らしいわぁと愛しくなった。

 

とりあえず、セトリが好き。

近年比重が多かったバンド曲を減らし、ダンス、バラード、C&R曲等々、年代もジャンルもバランスを絶妙に取ったセトリ。しかも曲と曲の流れもスムーズでノンストレス。衣装もトンチキなものが一切なく本人たちに似合ったものを着ている。あらゆる方面から彼らのポテンシャルの高さを見せつけ、ねじ伏せてくるスタイル、最高オブ最強だなと思います。アンコールのシングルメドレーは圧巻。上の方から見ているとペンライトの動きがばっちり揃っていてとても綺麗◎やっぱりエイトコンは楽しいな~と思わせてくれる瞬間。

 

くらまるの私としては二人の花をやってくれたのが本当に嬉しかったです!!!∞UPPERSから9年、本当に待ったよ><><バクステで躍り狂うタキシード姿のくらまるの美しさは言葉では書き表せないね!!!!今まで言い続けてきて良かった!!!!やっと円盤化されるよ!!!!あと3回しか生で見られないのが寂しくて気が狂いそうだけどな!!!!

 

次に関ジャニ∞の表情が良い。

自信に満ち溢れた、今を楽しもう!自分たちの想いを伝えよう!という気持ちがガンガン伝わってくる。何に対しても全力よね、今回の彼ら。最後の方になるとバテてるメンバーもちらほら見かけて心配になっちゃうけど、それだけ頑張っているならこちらも応えなければ...!!という気になる。大倉さんがANNで「今回のツアーはしんどい。昔はそれを隠そうとしてたけど、今は誰も隠してない」と言っていたけど、その選択ができるようになった彼らが心底格好良いし、モンペの心配なんてご無用だな、なんかごめんと思った。

 

あと、メンバーの話でいくと、GR8ESTは錦戸さんが一人で背負っていて大丈夫かな?と思っていた部分があったのだけど、そこを本当に上手にヤスくんがカバーしていてグッと来る。ヤスくんが大きな動きをしていたり笑っているだけで泣いてしまうんだけど、それ以上に精神面や歌唱面で関ジャニ∞とファンをガンガン引っ張っていく姿に泣く。本当に器用でポテンシャルの高い人だなぁと思う。

 

最後に、会場のWelcomeでかBOYたんの企画も大好き。毎回衣装や出てくるメンバー違っていて、しかもファンの好きなものを提供してくれるの、本当に嬉しい。次は何かな~?とワクワクさせてくれるのは関ジャニ∞のエンタメ力というか、周りを楽しませたいサービス精神の塊だなと思って、はい!好き!ってなる。

 

唯一モヤるのは挨拶がVTRなこと。GR8ESTは挨拶に8500円を払っていた身の私としては、毎回言葉を紡ぐのは難しいんだろうけど、それでも生の言葉が聞きたいなぁと思ってしまいます。でも個人個人良いこと言ってるなぁって。報道ではいろいろ言われてるけど、関ジャニ∞の姿と言葉しか信じない私としては、まだまだ終わらないなと確信してます。大倉さんの「生きていれば~」のくだりは、咲く今に繋げたかったのでは?と思っています。

 

十五祭、ここ数年で1番好きなツアーかもしれないです。(毎回こういってる気がするけど)

関ジャニ∞の好きなところの1つが、つらかったことも悲しかったことも悔しかったこともあっただろうに、8人時代も7人時代もなかったことにしないところ。絶対に悪く言わないところ。博貴くんとすばるくんのことを今でも仲間だと思っているところ。過去も今も未来も全部まるっと愛しているところ。どこまでも強いなぁ、格好良いなぁと思います。それを3時間ずっと感じられる十五祭は私にとって幸せでしかないんだよなぁ。ひとつのうたで、ファンが「ラララララ~」と歌っている時にエイトが幸せそうな顔をして客席を見渡す姿が大好きなのですが、この景色をずっと見ていたいなと思うし、彼らから見えてる景色も宝物だといいな、と思わずにはいられません。とりあえず今の彼らが作るアルバムを手に入れたい次第です。インフィニティたんよろしくお願いします。

 

 

 

__________________

ここからは余談です。

ピンクのペンライトをつけている人が何人もいて嬉しかったなぁ。私は元々内博貴くんが好きでした。当時は中学生だったので、オタクとも言えないレベルですが、部活もせず部室でアイドル誌を読み漁ってました。しかし2005年のあの日、彼と彼らを応援することをきっぱりやめました。(今思うとこの期間を空白にしてしまったことが本当に悔しいです。だって本当に素敵なんだもの、この時の彼ら。)

その後09年頃にたまたまTVで彼らを見て、「まだこんなアホなことやってんの!!めっちゃ格好いいじゃん...!!」と衝撃が走り今に至るという感じです。出戻りしてから丸山隆平さんを担当にしようと決めるまでに時間はかからなかったけれど、なんとなく博貴くんのことも引っ掛かったりして、数年はユニ担を名乗っていたし、コンサートの演出でピンクが使われていても騒いではいけないような雰囲気を勝手に感じていてそっとしていたところがありました。

私は彼を待てなかった(信じきれなかった)人だし、すっかりオレンジの人になってしまった人なのでこんなことを言ってはいけないなとも思いますが、ピンクのペンライトを振る皆さんが楽しそうにしてる姿を見て、なんか良かったなぁと思った。こんな未来あったんだなぁって。内博貴くんが好きな人も、渋谷すばるくんが好きな人も、8人時代に好きだった人も、7人時代に好きだった人も、6人時代から好きになった人も皆に見てほしいなと思う十五祭。東京3公演を目一杯楽しみたいなと思います。その前に私はブラックorホワイト?を観てくるよ!

丸山隆平さんの誕生日だから好きなところ35選を書く(25~35)

ぎりぎりの更新になって妻として恥ずかしい限りだな...(BGMはキミへのキャロルが流れています)

11月26日は丸山隆平さんのお誕生日だ~~~~!!!!おめでとうございます〜!!!

3日連続でお届けした丸山くんの好きなところを書き殴る誰得企画、最終日です。

今までのはこちら。

 

 

25 劣等生の優等生

ツアーメイキングを見ているとダンスの練習中に発狂していることが多い丸山くん。周りに比べてフリを覚えるのに時間がかかるもどかしさゆえ、自分を責める責める。それなのに本番にはビシッと決めてくる。映像には残っていないけれど、そこまでの過程や努力を考えると本当に強くて格好良い人だなと惚れ惚れする。

ベースもそう。本人も言っていたけれど関ジャムが始まってから見違えるように姿勢が変わって。ベース仲間と情報を交換し合ったり、技を磨いたりしているみたいで凄く楽しそうにしているので見ていて嬉しいです。そういった姿にすごく勇気付けられる。 

f:id:kaaan8:20181126211108j:image

 

26 京都の男

京都府出身感を全面に出してくるところ。大阪関連の仕事をするとひょこっと顔を出す「大阪は騒がしくてええわぁ」な殿上人感。たまらん。友達に帰って欲しい時にお味噌汁を作り出すらしい丸山くん。昔、本で読んだ京都人のエピソードそのものでときめく。丸山隆平さんが京都で生まれ育った事実、それだけで素晴らしい。ブラボー。

 

27 人たらし

数々の大物俳優さんと呑み友達である丸山くん。しかも○○ちゃんとあだ名で呼んでいるというからこの人の人たらし加減と愛され力は凄いなぁと感心するわけです。Jr.ともご飯行ったりしてるんだっけ?丸山くんの温かい雰囲気がそうさせるのかなぁと思います。それにしても、女性のメイクさんにも髪切った?と聞いたり、バーで見知らぬ客に「あちらのお客様からです」をしたりするの流石よね。惚れてまうやろ~~。

 

28 本心が見えない

そんな人たらしでいつも元気な丸山くんですが、なかなか本心を聞いたことがありません。プライベートの踏み込んだ話もあまり聞かないし。掴み所がないというかミステリアスというか、だからこそ惹かれるんだろうなぁと。でもそこを見たい・聞きたいとは思いません。なので時々本心が出てくるとワイワイパニックになる(直近だとGR8ESTの名古屋3日目や追加公演であわわした)。

 

29 関ジャニ∞の中で一番普通、真面目

あくまでも私の考えですが。関ジャニ∞の中でどこを切り取っても一番普通なんじゃないかなぁって。普通だからこそ、普通じゃないものに憧れていろいろやっちゃうというか。そういうところが可愛いなと思う。

また、ジャニ勉の台本を読み込んだり、コンサートの時ソロパートの部分でそれぞれボケるノリになったのに一人だけボケないとか、根はクソ真面目なところもいい。

 

30 仕事に対する向き合い方

ここが一番好きです。「周りの期待に応えられるように精一杯頑張るだけ。」「どんな時でもしっかり準備する。」「嫌々始めたことでもずっと続けていれば好きになって楽しくなる時がくる。」「一生懸命やっていれば誰かが見てくれている。」

こういった考え方に日々励まされ、私も頑張らないとなぁと思わされている。発言するだけでなくて、ちゃんと実行しているところも尊敬しかないです。

 

31 なんか残念

バラエティでの小さい残念エピソードは数知れず、カウコンや紅白での出番ミス、メトロックでの演奏順ミスなど大事な場面にも失敗してしまうことがたくさんある丸山くん。本人は猛省するらしいけど、それも丸山くんらしいし可愛いからいいんじゃないの?と思います。それを笑いに変えてポジティブに捉えてくれるメンバーもいいよね。丸山くんも好きだけど、関ジャニ∞の丸山くんはもっと好きです。

f:id:kaaan8:20181126211216j:image

 

32 人間らしい

さっきまでニコニコへらへらしてたのに、今、目死んでんじゃん...と思うことがあります。あとすぐ顔に出るところ。予想外のことが起きるとあからさまに動揺したり、好きなものを目にするとキラキラした目で喜ぶところ、可愛い。

みんなのまるちゃんでいようとするプロ意識の中にある、素直さや人間らしさが素敵だなと思う。

 

33 ファン想い

「コンサートは七夕」「僕の妻はファン」「自分のうちわには全部答えたいのにそれができなくて申し訳ない。自分に目や手がたくさんあったらいいのに。」などなどアイドルのバイブルに載っていそうな発言ばかりをしてくれる。コンサートの時にはビジュアルを完璧に整えてきてくれる。そういう気持ちがすごく嬉しい。丸山担は幸せだなぁとつくづく思います。

丸山くんは別名ファンサマシーンでもあります。オタクたちがバタバタなぎ倒されていく現場をよく目撃します。ちなみに私は丸山くんを笑わせに行くものかメッセージうちわしか作りません。丸山くんのえくぼやおなかはみんなのものなので独り占めなんてできない。

そんな丸山くんがアイドルとして一番大切にしているものは「保湿」らしく、そんなところもまるっと愛しいなぁと思います。

f:id:kaaan8:20181126211533j:image

 

34 すぐ大倉さんに頼る

私がくらまるの民だというのもありますが、何かあればすぐ大倉さんにすりすりする丸山くんが好きです。ギャグがウケなかった時には大倉さんをちらっと見たり近寄って助けを求めたり、ウケた時には嬉しそうに大倉さんの方を見たり。母親参観の時にお母さんに誉めてもらいたくて張り切っちゃう子供なの?と思うほど。丸山くんの「おおくるぁ!!」が大好物です。くらまるはいいぞ。

 

35 とにかく可愛い

この3日間の記事で、可愛いを10回以上言いました。本当に可愛い。これだけ褒め倒しておきながら実は直してほしいところもたくさんあるけど()、そんなの霞むくらいに好きなところが多いし、口を開けば「丸山くんが今日も可愛い」しか出てこない。大概のオタクが言うことだと思うけど丸山くんの存在がファンサだし、丸山くんと同じ時代に生まれてよかったーーー!!と日々思っています、ありがとう。

 

 

改めて、丸山隆平さんお誕生日おめでとうございます。丸山くんは私の太陽です。34歳はいつも通りのバラエティや歌のお仕事があって、個人では舞台やドラマでお芝居のお仕事があって、大好きな人とのお別れもあったけれど、そんな中でも私たちに寄り添ってくれてありがとう。35歳もたくさんの笑顔があふれる1年になりますように。心から愛を込めて...!!!

丸山隆平さんの誕生日に向けて好きなところ35選を書く(13~24まで)

昨日から始めた丸山隆平さんお誕生日企画、今日は「13~24個目」を書きなぐります。

行ってみよう~!!

1~12個目の記事はこちら

 

 

13 歌声

世間的にはあまり知られていないんだろうけれど、丸山くんの歌声って凄いんですよ...!!主旋律もハモりも(上でも下でも)できるし、ハモりの時は主旋律の人に上手に合わせて歌うの!何よりあのシュガーボイス!!ピアノやオーケストラとの相性が抜群!是非関ジャムのCRAZY GONNA CRAZYのセッションを見てほしい。ディズニーの王子様かな?と思うので。

個人的には1音ずつ上がる時の発声とクレッシェンドの仕方が好きです。あと声の話で言うと、「丸山隆平です。」の言い方が大好きです。「でぇ(↑)す」の感じ!!

f:id:kaaan8:20181125175753j:image

 

14 ダンス

フリの覚えは遅いようだが自分のものにしてからはピカイチである。上手い下手はわからないけれど、一つ一つの動きが丁寧で丸山くんの性格そのものだなぁと思っています。最近だとノスタルジアは至高。手足の長い男前がコンテンポラリーダンスを踊って格好良くないはずがない。時々フリや立ち位置を間違えてメンバーにこらーっ!ってされている姿を見るのも好きです。


f:id:kaaan8:20181125185333j:image

 

15 よく食べる

DVD特典のメイキングなどを見ていても本当によく食べる。気付いたらケータリングの食べ物をぱくぱく。webのブログでも気付いたら食べ物の話。すごく幸せそうに食べるのでこちらまで幸せな気分になる。いっぱい食べる君が好き

f:id:kaaan8:20181125175322j:image

 

16 優しい

丸山くんの愛されたい願望が強いところが好きなんですけど、それ故にみんなに優しくしちゃうところが好きです。でも誰にでも平等に優しくできるってそうそうできることではないし、それも才能のひとつでは?と思います。オタクたちに「風邪に気を付けてね」と言う時はだいたい自分が風邪を引いた時説がありますが、そういうところ!!優しさがストレートすぎるか全く伝わらないかの極端なところ!

 

17 マメ

ジャニーズwebでのブログを毎日欠かさず更新してくれて、写真もたくさん載せてくれる。私もこのブログを月1で更新したいなと思いつつ全然出来ていません。それを毎日何年間も続けられるなんてこれもまた素晴らしい才能だなと思うわけです。

ちなみにwebの文章も逸品です。絵文字と文字のチョイスが可愛い34歳は他にはいないと思う。

 

18 気遣い上手

優しいと似ているかもしれませんが、サタプラのスタッフさんには毎週お土産を買っていく、コンサートのMC中にメンバーが内輪で盛り上がってステージの一部に集まってしまった時、逆サイドに行って笑顔でお手振りしたりと、人のために生きてるなぁと思うことがたくさんあります。自分を生きてもいいんだよと思うこともありますが、それはファンのエゴだなとも思うのでやめた。

 

19 なんかヤバイ

小学校の時に教科書を食べた。幽霊が見えないのに見えてるフリをずっとしていた。ポテチを食べながら○ンギン○ラブを朗読する。フリーザのコスプレでラジオに出演する。....エピソードがなんだか悉くヤバイ。そのヤバさに惹かれる。丸山隆平さんがプロデュースしたふわふわポムポムという歌や、関ジャニズム特典の丸山が2050年からやって来たという企画はKING of カオスであり私のお気に入りです。

 

20 自分の魅せ方をわかっている

職業柄そうなんだと思いますが、自分がよく見える仕草や表情を熟知しています。そしてファンが何をしたら喜ぶのかも知っています。音楽番組や大型番組での一瞬のカメラチャンスを逃さないところ、本当に素晴らしいなと思います。またやってる~~上手く転がされてる~~と思いながらもひーひー言ってます。ごろんごろん。でも、その後のドヤ顔の方が好きだったりします。

f:id:kaaan8:20181125175830j:image

 

21 私服がダサい

よく錦戸さんに言われているやつです。その取り合わせ、センスがほとばしっている...!と思うことがしばしば。少しくらいダサい方が愛しさが増すし、それをカバーする可愛さと見た目の良さがあるんでね!!何より格好良い服でばっちり決めてしまうと国民が嫉妬しちゃうから!!

 

22 時折冷たい

「考えたらわかることでもあるやん。」

サンリオみたいなふわふわ可愛いまるちゃんが時に発するストレートに冷たい言葉にひょえーっとなる。結構ドライな人なんだろうなと思って見ています。彼女とはいちゃいちゃしたいとよく言うけれど、自分の気が乗らない時はそっぽ向いて完全無視するタイプだと思う。好き。

あと、話している時は「僕」「みんな」なのに、自分の作る曲の中では「俺」「お前」なところとかすごく好き。飽き性なところもいい。

 

同じような類いで、ポリネシアンなところも好きです。これは愛されたい願望が強い故だろうなと思いますがすごくいい。丸山くんの言動から闇を垣間見るのが好きなのて、昨今のストレートな闇ブームにはあまり乗れきれていない節があります。

 

23 自分にご褒美をあげがち

何かを頑張って乗り越えるとすぐ自分にご褒美をあげているイメージがあります。可愛い。頑張る糧があるっていいよね。丸山くんも同じ人間なんだなと感じ、嬉しくなります。ちなみに私も丸山くんが一仕事終える度に、お疲れさまとありがとうの気持ちを込めて米俵を献上したいんだけど、事務所に送ればいい?

 

24 抜群に面白い

コンサートで丸山くんがギャグをしてスベると「5人くらいしか笑ってなかったで」とメンバーに突っ込まれていますが、そのうちの1人が私です。

とりあえず面白い。なんでこんなことやってるんだろう~と思って笑うこともあるけれど、9割方は単純に面白くて笑ってる。体を使った逆よりは、言葉を使った方ギャグの方が好きです。というか丸山くんの言葉のチョイスが好き。「丸みを帯びたU字の水槽」が代表例だと思うけど、ほんと頭に残るフレーズを残すよなぁ。

ちなみに、GR8ESTツアーの丸山ギャグのお気に入りベスト5は「筆者は言いました、しゃくれている方がいい」「花火3連発」「おっさんシリーズ」「笑顔真顔素顔スガシカオ」「『しゅん』シリーズ」です。

f:id:kaaan8:20181125192411j:image

 

 

以上、13~24個目でした。

会社のレポートは全然進まないのに、この記事はすらすら書けるわ...!!34歳の丸山くんも素敵だったなぁ。 

明日は25~35個目を書きます。また明日!

 

 

丸山隆平さんの誕生日に向けて好きなところ35選を書く(1~12まで)

 

11月26日は何の日でしょう?

 

そう、関ジャニ∞丸山隆平さんの誕生日だ~~!!!奇跡のスーパーアイドル、まるちゃんが35歳になられるおめでたい日~~!!

 

というわけで11月24~26日の間、丸山隆平さんの好きなところを合わせて35個書きます。ブラックフライデーならぬ、オレンジフライデー!!!それでは行ってみよう!!

 

今日は1~12個目まで、『見た目の好きなところ編』です。

 

丸山くんの顔と体がどんぴしゃで好みです。Mr.ユニバースだと思っています。異論は認める、ただ悲しくなるので私に文句は言わないでほしい。これが私の好きなところを集めたベストショットたちです。


f:id:kaaan8:20181124115653j:image

 
f:id:kaaan8:20181124115750j:image


f:id:kaaan8:20181124115908j:image


f:id:kaaan8:20181124115933j:image

いつ見ても惚れ惚れする、ブラボー。

どこがどういいのか、細かく説明していきます。

 

 

1 髪の毛

ジャニ勉にてヒナちゃんに「ごわごわやないか!」とイジられる髪の毛。

私はゆるふわパーマとストレートの外ハネが好き。前髪はあってもなくてもいいのだけど、重めにすると目が強調されて素敵だな~と思います。耳掛けは反則だよね、ただの美少女だし世界中がファンになるし何より私の心臓が持たないからやめてしてほしい。(嘘です見たいです)

 

2 おでこ

本人はおでこが広いことを気にしているようだけど、でこっぱちなまるちゃんも幼く見えて可愛いなぁと思います。ほら、「でこっぱちなまるちゃん」というワード自体可愛いじゃない?

 

3 目

日によって開き具合や彩度の違う目。左右非対称なところもすごくいい。笑うと目が細くなるのもすごくいい。個人的に死んだ目をしながらファンサをしている姿や、ヤンキーぽい強そうな目をしている姿を見るとテンションが上がります。白目と黒目のコントラストがハッキリしているところも◎

 

4 ほっぺた

まるちゃんのぷくぷくほっぺ。パンみたいにつやつやしていて美味しそうなほっぺ!!

私的にはこれが見られると「あっ、太ったな」と思うのですが、可愛いからプラマイゼロ!むしろプラス!!丸山くんの顔のパーツで一番好きなのはここだったりします。笑った時ここがむくっと上がると私は幸せな気持ちになる。

 

5 えくぼ

えくぼは恋の落とし穴と誰かが言っていたけれど、まるちゃんのえくぼを見て恋に落ちない人っているの...?まるちゃんのサンリオみたいな可愛さはここから生まれるものだと思っています。ぷくぷくほっぺとえくぼの組み合わせがso cuteすぎるんだ...。

 

6 鼻

男前の必要十分条件、シュッとした鼻!罪と夏の時のサングラスが似合う似合う。子供の頃からあの鼻だもんなぁ、羨ましい。

ちなみに関ジャニ∞は全員鼻筋が整っているな~と思って見ています。だから全員男前なんだな。

 

7 口

品しか感じない口元!さりげなく添えられている黒子!!ぴょこっと生えてる歯たちもサイズ感や並び方といい気品に溢れている(矯正前の歯も好きだったよ!)

笑った時の口と歯のバランスが良すぎる。そして時々手で口を隠して笑うところも品しか感じない!好き!

 

8背中

丸山くんの背中大好き芸人こと私、ここだけで1本記事書けるなという位言いたいことはたくさんあるのですが、自重します。

ほどよい肩甲骨周りの筋肉の盛り方と、猫背ぎみな丸みを帯びたあの感じがたまらなく格好いいなと思う。スリーピースのスーツやスウェット生地を着るとその良さが強調されるのでスタイリストさん頼みます。(エイタメコンのパノラマの衣装なんて最高だったよなぁ~~!!)

 

9手

大きくてゴツゴツしていて厚みのある男らしい手。丸山くんはよく目や鼻の周りを指で擦っていることがありますが、その時の指がすごく好きです。そしてベースを弾く時の指が妙にエロくていい。 人差し指を少し上げてマイクを持つ姿が好きです。

 

10腕

袖無し衣装でベースを弾いている時なんてすっっごくいいよね(NOROSHIみたいな)。ちょっと美味しそうな肩から肘と、ムダひとつない肘から手首。マクベスの時、最後のシーンで着ていた全身黒の8分丈衣装から見える腕が好きすぎて、「あそこの部分を剥製にして飾りたい...」と言ったら友人に爆笑されましたが私はいたって本気です。

 

11おなか

わがままボティの象徴、ワンパックのおなか。丸山くんのだらしなさそうなところが垣間見ることができるので好きです。JUKEBOXコンのビースト!を追って見ているとわかるように増減が激しいところも好きです。あんなに人間変わるものなの?と思ってしまう。ただ、私はシュッとしている方が好きだったりします。マクベスで見たシックスパックを私は一生忘れない。(お気付きかもしれませんが私はマクベスの亡霊系オタクです。)

 

12脚

長い!とにかく長い!!そして細い!!!

あれだけ背が高くてガッチリしているのに、脚が綺麗なのでビックリする。スーツを着るとスタイルおばけ。それでいて片方に重心をかけていたり、ポケットに手入れてたりしたらたまらなく格好いいよな~。最の高。

 

以上、丸山くんの好きなところ1~12個目まででした。本当に丸山さんは抜群に顔と体がいいよなぁ。それでいてその見た目の良さを遥かに上回る程、性格が素敵なので明日・明後日で大いに語っていきたい。

山Pは人類の奇跡なら、丸山隆平さんは神様の最高傑作である。

ちなみに、私の丸山くんの呼び方がいちいち違うのには理由があって、普段は「丸山くん」、可愛いがすぎる時に「まるちゃん」、尊い...と思った時に「丸山隆平さん」と読んでいるからです(笑)

 

それではまた明日!!

個数の関係上、泣く泣く削った好きなパーツもあるので、みなさんの丸山くんのこのパーツが好きだ!というコメントもお待ちしてます。みんなで丸山隆平さんの見た目を誉めちぎりたい...。

いくら積んだらもう一度宇津井秀樹さんに会えますか...?

f:id:kaaan8:20181008152530j:image

 

3連休の最終日は宇津井先生に浸らせてくれないか(8月の全てくれないかのノリで)

...ということで、「 誘拐法廷 セブンデイズ 」 の感想を少しだけ。完全に勢いだけで書いています。

 

丸山隆平さんの久しぶりのドラマ!ぬ~べ~から長かった。すごく待った~~。ヒゲビジュにした時から、ドラマか映画だろうなと思っていて、どんな役かな~といろいろと妄想したりしてました。そしたら本格的なサスペンスもの!弁護士!しかも本心がわからない奴...!と題材が良すぎて発表された頃から本当に楽しみだった。

 

ストーリーは国光事件の真相を究明することと誘拐犯を探すことの2つが同時に進行していたので、あっという間に2時間がすぎたし、どきどきわくわくしながら見ることができた◎  細かいところに「ん?」となることはあったけれど、韓国ドラマが原作なのである程度のことは受け入れられます。(宇津井先生尾行が下手すぎ!とか、お母さんどんだけ運転上手いんだよ!とか、っていうかお母さんどうやって計画を練って実行したんだよ!とか、富樫さんがそんなに簡単にペラるわけないだろ!とかね。)

 

 

何より、宇津井先生がすごく良かったんですよ...!!一番最初に敵かもしれないという伏線を蒔いた上での、敵か味方かわからないあの雰囲気と行動!そのおかげで犯人は誰なんだ...?と我々を高揚させたままエンディングを迎えることができたんじゃないかな~。ヒゲビジュにしたのは大正解だな~と思います。胡散臭さ半端なかった。(あくまでモンペの丸山担の感想です。)

 

 

今までの丸山くんのドラマの役柄って、本人のイメージ通りの好青年や、頑張り屋さんが多かったので、今回みたいに少しダークな役をやったりして、お芝居の幅が広がっていくことがすごく嬉しいな~と思います。個人的にはいつかサイコパスか史上最強の女たらしのクズ役をやって日本中に丸山担を量産させてほしい。

 

 

それにしても宇津井先生、どのシーンでもどの角度でも顔面が格好良くて、言葉が少し乱暴で、態度がでかくて、でも信念をちゃんと持っていて.....って最高じゃないですか!!!!! 個人的には「世の中金でしょ」がグッときた。丸山隆平さんが絶対に言わなさそうな言葉...好き....!!

 

 

それだけではなくて、コーヒーに砂糖たくさん入れてる~とか、最後のシーンの「はぁい」ははじめちゃんっぽいな~とか、そういう可愛いところも垣間見れて私は満足です。あと、鞄をジャニ持ちするのは宇津井先生じゃなくてただの丸山隆平だなって思いました。愛しい。

あぁ~~宇津井秀樹が好きすぎる。完全に宇津井ロス。想像以上に良かった。ツアー中だったら「宇津井先生論破して」っていう団扇を振り回していたレベル。

 

 

関ジャニ∞でアイドルしている丸山くんも好きだけど、お芝居している丸山くんも好きだなぁと思った次第です。完全な憑依型ではなくて、役を演じているんだけどそこに演者の人となりが滲み出てくる感じが好きです。丸山くんに今すぐドラマのお仕事を...!

何はともあれ天吹先生と宇津井先生のコンビ、すごく素敵だなと思ったので何かしらの形で復活してくれたりしたら嬉しいな~と心から思います。

 

「「いくら積んだら会える...??」」