いっそおかしな妄想まで付き合ってくれ

「関ジャニ∞は世界一!」が口ぐせです。丸山くんにたらしこまれたい。

2016年にやりたい5つのヲタクごと

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

カウコンの関ジャニ∞最高でしたね~!!
愛しすぎるチャンピオンたちと、にっこにこの西のすばるくん。
2016年も楽しくなりそうで今からわくわくしています。

さてさて、今年の1発目は目標でも書いておこうかと思います。

①今までの雑誌の記事を全部読み返す。

できるならスキャンしていつでも見れるようにしたいし、メンバー毎に発言を時系列にまとめて遊びたい。

ただ、2003年頃からあって果てしないので途中で諦めるか来年に持ち越すこともあるかもしれない。

②新しいレコーダーを買う。

レコーダーがフリーズしたために大事な大事な紅白歌合戦のオープニングが録れなかったという散々な経験をしたので購入を決心。
レコーダーについては無知なので、今から良さそうなのをお勉強します。
オススメがあれば教えてください。

③防振双眼鏡を買う。

今回のツアーでスクリーン(カメラマン)は当てにならん!と思い始めたので買うことを決心。
狙っているのはこれ。

納期未定だけど9月頃に買えばツアーに間に合うかなと思っているのだが、どうだろう。
毎月貯金します。

④できるだけ現場に行く。

やらない後悔よりやった後悔。
デビュー組でもいつ見れなくなるかわからないこのご時世、お金と時間と活力がある限り行ける所は行っておきたい。


⑤エイト事があればできるだけ文字に起こしておく。

楽しかったなぁ、良かったなぁというのはあっても、具体的にどこの誰がというのを忘れてしまって思い出したときにいろんな公演がごっちゃごちゃになってしまう。
現場が終わったらすぐ記事にしておきたいと思っています。


以上、私の今年の目標でした!
達成できたらまた記事にでもしようかと思います。

2015年現場まとめ

個人的なメモとして、2015年のまとめをしておきます。

1月

◎10日 レコメン公開収録
これも今年だったか!っていうのが正直な感想。
どうやって登場するのかなぁってわくわくしていたら、がむしゃら始まり。
席がアリーナ通路横だったので興奮しすぎて見知らぬ渋谷担のお姉さんと抱き合ったのが思い出。
何を喋っていたかは全く覚えていない(笑)


◎11日 関ジャニズム 京セラドーム
人生で初めて自チケでビスタ席が当たりました。
完全にお星さまで、関ジャニ∞は豆粒ほどしか見えなかったけれど、最高に格好良かったし、楽しかった。

ビスタ体験は記事にするほどでもないかなぁと思って書きませんでしたが、気になる方がいらっしゃればご連絡ください◎
悪くないですよ、ビスタ。

3月

◎7日 If or...Ⅶ
3年ぶりのイフオアでした。
ヒナちゃんの可愛いとこ、格好いいところ、面白いところ全部見れて嬉しかった。
「ありがとう」の弾き語りがとっても良かった。
あとヒナちゃんの脚の長さに惚れ惚れした。

6月

◎13日 ブルームーン
登場人物がみんな素敵で大好きな作品。できることならもう1回観ておきたかった。
舞台上の横山さんは今まで見てきた横山さんとは別人のようで。
カーテンコールで真ん中に立つ横山さんは本当に良い顔をしていたし、途中でニコッと笑った(というかニヤニヤしていた)ときは、「あっ横山さんだ~!!」と嬉しくなったものです。

「ちょっとしたことでも見方、考え方ひとつで世界はキラキラしたものになる。」ということが伝えたいことかなと私は捉えたので、この気持ちを少しでも持っていたいなぁと思って日々すごしています。
(実は感想文を書いたのですが完全に出すタイミングをなくしたのです(笑))

7月

◎25日 関ジャニ∞リサイタル 三重県営サンアリーナ

◎26日 1部 関ジャニ∞リサイタル 三重県営サンアリーナ

ここはレポをあげたので割愛。

8月

◎8日 関ジャニ∞リサイタル 長野M-WAVE

◎9日 1部 関ジャニ∞リサイタル 長野M-WAVE

アリーナがドーム級に広かった。
いろいろあった長野もといリサイタルですが、9日にナポリタンで一人ずつゾンビになっていくあの件を見て、いつだってバカやってきゃっきゃっやってる関ジャニ∞が大好きだし、これがいつまでも続きますようにと祈らずにはいられなかった。

あと、横山さんとハイタッチできたのもこの日。

11月

◎23日 テレビ朝日ドリームフェスティバル
あの場所にいれたのは本当に幸せでした。
アウェイの中(と言っても私の周りはほとんどeighterでしたが)、トップバッターで登場、しかもバンドだけで勝負してきた関ジャニ∞が格好良くってね。
他のアーティストのファンの方も最後の方は一緒にノッてくれたし爪痕残せたんじゃないかなぁ。
それにしても、錦戸さんをフォローしたり、MCで関ジャニ∞を引っ張ってくれた渋谷さんが頼もしかった。

12月

◎14日 関ジャニ∞の元気が出るLIVE 札幌ドーム
はじめて札幌に飛びました!
周りが言う公開リハとはこのことか!とあらゆる点で痛感させられましたが個人的には許容範囲内です。
この日に勝てる松原.は今後ないんじゃないかと思うくらい良かった(渇いた花の前のMCの話)。


◎19日 関ジャニ∞の元気が出るLIVE 東京ドーム
札幌からだいぶテコ入れされていて良くなっていた。宇宙に行ったライオンがなくなったのは残念。
勝手に仕上がれが宗教チックで今のところ一番だったと思う。

◎24日 関ジャニ∞の元気が出るLIVE ナゴヤドーム

バナナジュースの間奏がラストクリスマスだったり、KINGがサンタ衣装だったりクリスマス仕様だったのが嬉しい。
君へのキャロルを歌ってくれると期待していたのですが、結局クリスマスソングは1つも歌わず。


◎26日 関ジャニ∞の元気が出るLIVE ナゴヤドーム
バクステど真ん中は見易かった。
札幌、東京がアリーナの端っこだったので見えなかった部分がやっと見れて満足。
今までで1番楽しかった公演。
すばるくんの最後の挨拶が印象的。
その後のオタクの拍手も良かった。


◎27日 関ジャニ∞の元気が出るLIVE ナゴヤドーム

この日も松原.が素晴らしかった。
でも札幌には勝てないなぁ。
侍唄にて、綺麗なペンライトと真っ直ぐすぎる関ジャニ∞を見ていたら涙腺崩壊。

ということで全14公演。
リサイタルがあったからいつもより多く現場に行っていた気がする。
何より県外にたくさん行ったなーっていう印象。
基本的にエイト事以外では遠出しないタイプなので、いろんな場所に行けて楽しかったです。
不便だなーと思ったこともしばしばあったけど(特にリサイタル)、今ではいい思い出。


年明けに投稿することになってしまいましたが、2015年はお世話になりました。購読してくださる方もいて、とっても嬉しいです。
2016年も相変わらず関ジャニ∞への愛をぶちまけようと思っておりますので、何卒よろしくお願い致します。

元気が出るCD関連のエイトの発言をまとめてみた

元気が出るCD関連の雑誌をやっと読み終えたので自分の備忘録としてまとめてみました。

関ジャニ∞の元気が出るCD!!

関ジャニ∞の元気が出るCD!!


今回の資料は
TVLIFE(11/20号)・テレビジョン(11/20)・TVガイド(11/13)・Taking Rock!・日経ヘルス・Saita・月刊songs・オリスタ(11/16)。
ラジオでの発言も含まれています。



★元気が出るCDについて
横山「明るい曲だけが元気を与えるわけじゃないから、いろんな元気をこのアルバムに集約したつもり。それが上手く伝わると嬉しい。」

渋谷「ジャンルを問わず、いろんな曲を収録しました。自分達がいいなと思う曲を、今できる精一杯の表現で詰め込んだので、関ジャニ∞ならではの元気を受け取ってもらえたら嬉しい。」
「『関ジャニ∞の元気が出るCD!!』っていい意味でどこかアホっぽいでしょ?」

村上「降り幅のある、かなりハイクオリティーなものができました。」
「これ以上できへんなというところまでやらせていただいたので、悔いはないです。」

丸山「もっと元気になりたいとき、落ち込んだときなど、いろんな気持ちに合わせた元気になる曲が詰まっています。気分に合った曲で、元気になってもらえたらええな。」
「曲との向き合い方がどんどん深くなってて、今回もメンバー間でいろいろと考え、話し合いながら録りました。」

安田「今できる最高に良い曲たちが集まった印象。提供していただいた曲も、作ってくださった方々の色をしっかりと残しながら関ジャニ∞の色も混ざったというか。」
「別に元気を押し売りしようと思っているわけではありません(笑)自由に気軽に聞いてください。」

錦戸「去年自分らのグループ名の一部が、レコード会社の名前になった。自主レーベルだから、より俺ららしさを出したいし、恥じないようにやっていかなあかんと思ってる。今回のアルバムの元気が出るっていうコンセプトと、そのもののタイトルを聞いたときもみんなふたつ返事で「いいやん!」って感じやった。」

大倉関ジャニ∞のシングルは元気なものが多いし、ライヴも弾けた雰囲気だから今回のアルバムのタイトルにはそれが集約されているんだと思う。」
「レコーディングをしていて、楽しい曲たちだなと思いました。」



★High Spirits
横山「初めてトランペットの録音をしたけど、練習時間があまりなかったこともあって大変だった。それでも楽しくて、歌はないけど好きな曲。」


★勝手に仕上がれ
丸山「初めて発注からさせてもらった。Mステで共演させていただいた時にすごい魅力を感じて、今までにないノリや雰囲気を提示してくれるんじゃないかと。さらにすばるくんとレコーディングまでご一緒できて嬉しかった。」
「(OKAMOTO'Sのハマさんとベースの話をしたかという質問に対して)途中からハマ先生のベース講座が始まりました。スラップのところなんですけど、ぜいたくですね、そうやって直接教えてもらえるって。また教え方が上手いんですよ。」

大倉「聴いていると、その時(OKAMOTO'Sさんとまるすば)の空気が伝わってくるんです。」

安田「一本録りだったから、ライヴ感のある音源になってると思う。」

村上「2回しか歌っていない。ディレクターの方が、この曲は何回も歌ってもダメだからって。」

渋谷「OKAMOTO'Sはほんまにヤバい。鳴らす音がめちゃくちゃ格好いい!あれは23歳の音楽じゃないですよ」


★韻踏ィニティ
安田「ド頭"エイター"って歌詞から始まるからインパクト大!」

渋谷「ライヴでやった時の反応が楽しみです。」
「デモ曲も良かったんですが、自分の中でこうしたいというのがあって詞だけ書き直させてもらいました。」


★バリンタン
丸山「"毎日タンタンデスクに向かって一生懸命働いて"っていうところなんか、まさに村上くんだからこそ書ける優しい詞やなあと。」

村上「響きだけで自然と体が乗ってくるような曲を作った。最初にサビだけ作ってこんな感じでどうかなぁってヤスくんに渡したら曲を作ってくれたのでそこからAメロBメロを考えた。お互いパスをし合いながらいい感じのものができた。誰もが1回は経験している気持ちや日常を書いてみた。」


スペアキー
村上「恋愛にどっぷり浸かっている世界観なので、皆さんの想いと重なる部分があるのではないでしょうか。」


★ナイナイアイラブユー
渋谷「完全にラッツ&スターですね。僕もすごく気に入っている曲です。」


WASABI
安田「カッコイイ系の曲なのでダンスをすることになるのかな?ところどころ韻を踏んでいるので、どういう意味合いなのかすごく気になった。」

大倉「なんでWASABIなのか僕もわかってない。」


★ナントカナルサ
丸山「相性が良かったのか、そのときのテンションがはまったのか(レコーディングは)ほぼ一発で終わった。一番最後に録った曲。」

錦戸「メロディーもキャッチーだし、始まった瞬間にKANA-BOON感がすごく伝わってくる。」

横山「キャッチーで歌いやすかった。スッとメロが入ってくるというか。」


★ふりむくわけにはいかないぜ
錦戸「歌っててすごく楽しかった。サンボマスターの山口さんになったつもりで歌った。」

横山「レコーディングですごい体力使いました。楽曲にパワーがあるので、全身全霊で歌わせていただきました。ライヴでやったら盛り上がると思う。」

村上「歌っていて気持ちが良かった。言葉の強みが全面に出ている1曲。」


★元気が出るSONG
大倉「亮ちゃんがメーンでコード進行とか考えてくれて。ファンの方に届けるメッセージかもしれないし、メンバー間のことかもしれない。誰にでも届くような曲。」
錦戸「俺はコードを並べて構成とオケを作っただけ。歌詞の内容は話し合って、好きな人からのメッセージを伝えるっていうテーマで。」


安田「メンバーの才能がまた改めて表に出てきた感じがしました。」


★my store ~可能性を秘めた男たち~
丸山「僕らは地味って言われてたので、虐げられていた3人の逆襲の歌。」
安田「どんな風にステージでパフォーマンスするのか想像しながら聴いてもらえたら。」


安田「ツアー中に飯食いながらこういう感じにしようって話して。」
大倉「それからしばらく放ってあって、そういえば歌詞どうなってたけって(笑)。で3人で集まったけど普通に話してしまって全然はかどらん(笑)。でヤバい、そろそろ締め切りや!ってなったらマルが作ってくれてた。」
丸山「章ちゃんとは電話でやりとりしてたよ。」


大倉「タイトルは僕らのイニシャルをシャッフルして入れた。」
丸山「最後の"e"はエイター。君たちがいて僕がいるみたいな。」


丸山「レコーディングは僕が最初に録って、次に章ちゃんが録って、大倉にバトンタッチして、それぞれが色づけした。」


★バナナジュース

横山「(バナジュー事件で)、すばるがそんなにバナジュー好きなら曲作れやみたいなことを言って今回に繋がった。」
錦戸「歌詞の内容はバナジュー事件とは全然関係ない。バナナくんとミルクちゃんの歌やから。」
横山「めっちゃ攻めたなと思った。それがすごくオシャレ。」


★渇いた花
村上「(以前の渇いた花と比べて)何がどう変わったかとかも含めて楽しんで欲しい。」
「今回はすばると一緒にレコーディングしたので、すばるに引っ張ってもらって歌うことができました。」

渋谷「村上との打ち合わせで今までの曲を、今の自分たちができる表現でやったら楽しいんじゃないかという話になった。」


★LOVE & KING
村上「これはもう別枠。おまけみたいなもんだと思ってください。」

安田「僕らは合いの手で精一杯ですよ。」


これらの発言を踏まえて改めてアルバムを聴くと、今までとは違う感じに聴こえてきたりするのではないでしょうか。
元気が出るCDに興味を持ってくれた方、是非是非CDを買ってください!
他にもここには載せなかったけどたくさん興味深い発言があるので、是非是非これらの雑誌も買ってください~!
オススメは月刊songs。アー写が宇宙服の理由や他の雑誌では読めなかったことがいっぱい書いてあったので。

関ジャニ∞の元気が出るCD 通常盤感想

関ジャニ∞の元気が出るCD!!

関ジャニ∞の元気が出るCD!!

11月11日に発売されました!
関ジャニ∞のニューアルバム「関ジャニ∞の元気が出るCD」
本人たちからも運営からも売る気がビンビン伝わってくるので売れろ!!と念じながら、とりあえず通常盤の感想を書きます。シングルは割愛します。

Disc 1

①High Spirits
エイトが自分たちで演奏したらしい。
横山さんトランペットが頼もしい。
JUKEBOXツアーの、トランペットを吹く横山さんを皆で見守るあの感じを経験することはもうないんだろうなぁと思うとちょっぴり悲しいけどとっても嬉しい。
全体的にどの音も格好良くて、これ見せられたらひれ伏すしかないわなって感じ。


②勝手に仕上がれ
ラジオで聴いた時に無条件でいいなと思ったけれど、①からの流れが最高に格好良い!!
コンサートでは丸山くんを双眼鏡でロックオンする会の会長になろーっと!
ただ、「丸山!」って呼ぶ渋谷さんのことも見たいの。
目がいくつあっても足りない。


④韻踏ィニティ
渋谷さん作詞。

「ここにダケ偽りガ無イ世」
「阿呆ナこと本気deたのしんでヤンだヨぉ」
「ドーーンな事でも楽しんだもんガッチャで」
なんとも関ジャニ∞というか渋谷さんらしい歌詞。

ただ、台詞部分も渋谷さんが書いたんだよね...?
媚びた(と言ったら悪く聞こえてしまうかもしれないけれど)ことも書くようになったのね...としんみり。

余談ですが、1番の台詞は丸倉だけど、最近の丸倉と言えば夏の恋人でも取り合ってたわけで。ということは浮気お嬢さんはすば子ちゃんってことでOK...?


⑤バリンタン
ヒナちゃん作詞、ヤスくん作曲。
ヒナちゃんがこれを書いたのかと思うと可愛さが倍増。
錦戸さんの「あれっ?忘れていたよ」の言い方が可愛くてそこばかりリピートしている。
コンサートではTWLみたいな感じに使われるのかなぁ。ヤスくんがピョコピョコしてる姿が想像できる。来週の少クラが楽しみ!

今年のツアーのペンラはタンバリン型なのかなーなんて思ったり。


スペアキー
エイトにはあまりない真面目ド直球失恋ソング。
横山さんから始まるのも良い。
渋谷さんとヤスくんの歌い方が好きだなぁ。


⑨ナイナイアイラブユー
Taking Rock!で渋谷さんが「ラッツ&スターですね」って言ってたけど、本当にラッツ&スターだった。
コンサートでは黒塗り×派手スーツで歌ってほしい。
しかし演歌部門でデビューの人たちなだけあって、こういう昭和チックな歌を本当に上手に歌い上げるよね。
大倉さんの低音ボイスが◎


WASABI
ブリュレの田中さんが作詞作曲とあって一番期待していた曲。
ANNで流れた時にはイヤホン外してネタバレ禁したくらい(笑)
いつだって2番手ポジの関ジャニ∞が大好きだし、わさび以外にもうちょっといい食べ物なかったのかなと思ってしまうけれどそんな感じも含めて良いなぁと思う曲。
個人的にはめっちゃくっちゃ錦戸亮の歌。
ブリュレもそうだけど、こういう曲調と歌詞が錦戸さんに合うんだろうなぁ。
2番のヨコヒナの掛け合いも良い。


⑪ナントカナルサ
「ケッセッラセーライッツオーライ!」がとってもキャッチー。
2番の大倉さんの歌い方が大好き。
バンドでも可愛いダンスでもいけそうな曲。

ベースの音がこんなにはっきり聴こえるのはなかなかない気がする。


⑭ふりむくわけにはいかないぜ
サンボマスター
「どこかに落としてしまった忘れ物はほっとけよ今が全てだろ?」って言う横山さんに毎回笑ってしまう、ごめんなさい。
適材適所というか、この歌詞はこの人が歌うよね、やっぱり!って思える部分が多いかな。
大倉さんのソロがなかったのが残念。


⑮元気が出るSONG
まだドキュメントを見ていないので、コンサートの最後に歌う歌を作った(オリスタより)ことしか知らないのですが、all is wellがエイトとエイターの歌なら、この歌はメンバー同士の歌なのかな。
「楽しい時過ごす人はいた 辛い時 君がいてくれた」と横山さんも歌ってるし。
だからかall is wellよりもすんなり入ってきた。

ただ、ずっと一緒×7はちょっぴり怖い。
コンサートの時にこの曲のバックでヘモグロビンみたいなの(エイトコンによく出てくるやつ)が流れる画が想像できてつらい。


Disc 2

①my store ~可能性を秘めた男たち~
作詞 関ジミ3。
大山田ではなくて関ジミ3と書いたり、歌詞が自虐的だったりして愛しい。
(個人的に大倉さんに自虐的な歌を歌わせたら最強だと思っているのです。)
モナコブルーみたいな曲を望んでいたけれど、これはこれで全力で楽しそうに歌う大山田が見れそうでわくわくする。

関ジミなんて言われてたこの3人が主演ドラマとか番組MCやってるんだから感慨深いしジャニヲタ楽しい。


②バナナジュース
君が喜んでくれるからバナナジュースを今日もたくさん作っちゃうよみたいな、theよこりょの歌詞を想像していたのに全く違った。
元気が出るSONGもそうだけど、錦戸さんが手を加えたものって間違えないんだよなぁ。脱帽。


③渇いた花
一発録りらしくヒナちゃんの緊張感が音だけでも伝わってくる。
松原.だけの世界がただただ素敵でユニットの中では1番好きです。
大サビのヒナちゃんに渋谷さんが乗っかる感じがたまらん。

④Love & KING
「No more KING!!!」と声を出して言いたいところだけど、良くも悪くもエイトはひとつ当たったものを掘るクセがあるからなぁと思って納得した激甘なヲタク。

KINGのラップ技術が確実に向上してるし、「らーぶあんどきーんぐ!」をノリノリで歌う愛しいエイトが見れそうで何より。




感想は以上。
元気が出るCDとっても良いです。
あとは、この曲たちの印象がコンサートでどんな風に変わるのか楽しみで仕方ない。
去年は完全にヤスくんのツアーだったと思っているけど、今年はどうなるかなー。
それと、とにかくC&Rが多いので、札幌までに覚えなければ...!

ドリフェスのセトリを勝手に考える

10月11日深夜、関ジャムにて、関ジャニ∞がドリフェスに出演するという発表が。

関ジャニ∞というアイドルやってます!」と去年言って去った渋谷さんが仲間を連れて戻ってくるのも、関ジャニ∞がアウェーの中で本気を出すのも、それを見て他のアーティストのファンの方がどんな反応を見せるのか見たくて仕方なくなったのですぐさまチケット応募。

先行は全くダメでしたが、ありがたいことにお譲りいただけることになりました><
チケットも発券して、今からとっても楽しみなのでセトリでも考えてみようかと思います。
曲数はエイトにちなんで8曲で。


1.ズッコケ男道(バンドver)

世間的に関ジャニ∞の曲といったらズッコケなのではないかと。
バンドもできるよーというのを見せられることも考えて。

2.宇宙に行ったライオン

「俺はこんなもんじゃねぇ」をドリフェスのステージで聴きたい。
去年ひとりぼっちだった渋谷さんが初めて得た仲間とドリフェスに...って歌詞とリンクしすぎやしませんか!
ついでにドリフェスの写真で宇宙服を着てるしこれはやってくれると信じていいよね!笑
何より、サビ前にギターをくるっとする錦戸さんと、ティンパニを叩く横山さんが大好きなので見たいのです...。

◎挨拶

3.ブリュレ

関ジャニ∞踊れるんだよ!格好いいんだよ!というのを惜しげもなく見せつけて欲しい。

4.あおっぱな

テレ朝ドラマ主題歌で一番盛り上がりそうなものをチョイスしてみました。
わちゃわちゃエイトの可愛さをふんだんに見せつけましょう。

5.TWL

最近のコンサートの鉄板曲。
他のアーティストのファンの方もタオルをぶんぶん回してくれるでしょう(と信じたい...。)

◎MC

6.侍唄

ミディアムテンポらしいので番宣がてらMC明けにでも。
(本当はここにツブサニコイイエローパンジーストリートを入れたかったです。)

7.Do you agree?

ライブのバンドコーナーと言ったら私の中ではアグリーです。
代々木でピョンピョンするエイトを見たい。

8.LIFE

関ジャニ∞初めてのバンドシングル。
本人たちも思い入れがあると思うし、ラストにはもってこいの曲かと。


こんなかんじかなぁと想像してみました。
渋谷さんが去年歌った曲がいくつか入ってしまったのだけど。
関ジャニ∞だけのライブではないので意外と考えるのが難しかったです。
曲数の問題もあって泣く泣く削った曲は数知れず。
これを考えるためにiPodちゃんをシャッフルしていたのですが、良曲が多すぎて、改めて関ジャニ∞いいなーってなりました。
降り幅の広さとか格好良さがどうやったら世間に伝わるんだろうか…。



なにはともあれ、楽しみにしています。

とあるジャニヲタの1日

リサイタルの感想文を上げたいけど、なかなか文章がまとまらず...。
ということで気分転換にこちらの話題に便乗してみます!

社会人、関ジャニ∞のヲタクです。


●5:55起床
ゴーゴーゴー!
気分だけでも乗せておきたくてこの時間に起きています。


●5:55~6:30 お弁当作り
薄給なので少しでもヲタク資金を練り出すために毎日作っています。
朝が弱くてギリギリまで寝てたいタイプですが、「1食浮かせれば雑誌が1冊買える...!」と言い聞かせて頑張っています。
飲み会がある時や気分が乗らない日はお休みしますが、1週間に1回までと決めています。
普段は意思が弱い私もジャニ事になると違います!笑

お弁当と言っても全く大したものではなく、夜ご飯を煮返したり、ちょい足ししたりするだけです。


●6:30~7:20 朝ごはん&準備
ZIPかめざましのエンタメがこの位の時間なので流し見して朝ごはん。
服は昨日のうちに決めておくので、着替えて化粧して弁当包んで終わり。30分もあれば完了します。
この時間にTwitterはてなブログを覗きます。


●7:20~8:00 通勤
関ジャニ∞を聴きながらキャンディークラッシュソーダが定番。
iPodちゃんをシャッフルしたり、録音したラジオを聴いたり、ツアーの時はセトリ作って聴いたりしています。
気合を入れるときは*1Oriental Surferを流しヒールをコツコツいわせながら歩くという
中二っぽい遊びをしたりしています(笑)
ただ、移動時間が30分もないのですぐ終わってしまいます。


●8:30~17:00 仕事
ちゃんと働いてます。
プライベートと仕事をハッキリ分けているので、気持ちを入れ替えて働いています。
ある種の人を演じ切っています。だからとっても疲れる。自担の気持ちが少しわかるような気がすると同時に偉大さを痛感する。

ジャニヲタであることを会社の人には誰にも言っていないので、お昼時の会話の中でMステや音楽特番の話題が出ると少しドキッとします。
ヲタク的にはうーんと思う演出も一般の人にはウケが良かったり、その逆もあったり。
私がジャニヲタだと知らないが故に素直な世間一般の意見が聞けてなかなか面白いなぁと心の中で思っています。


●17:00~
よっぽどのことがない限り定時に帰ります。
(というかなんとかして終わらせます。)
帰路に着くまでは行きと同じスタイルです。
ちなみに丸山くんの日記をチェックするのはこの時間帯。
あとは雑誌のチェックのために週2程度で本屋に通ってます。
それ以外は直帰することが多いです、おうち大好き。
バラエティは良くても、歌番組は絶対にリアタイしたい派なので、飲み会もMステがあれば先約があるのでと嘘をつき断ります(笑)

帰宅してからはHDDを整理したり、買ってきた雑誌を読んだりTwitterを見たりしています。
ですが、テレビを見てすごすことの方が多いです。


●22時 就寝
毎日ぐったりなので、遅くて23時には寝てます。



基本的に始めと終わりを決めて逆算で動いている人間なので毎日この繰り返しです。
(時間に関して価値観の合いそうなジャニーズは櫻井さんです。あれには勝てないなぁと思うし、私はぼーっとする時間も好きですが。)
こう書くとあまりジャニヲタっぽくないなーと感じますがどうでしょう?
平日は仕事メインになってしまうので、金曜の夜とか土曜日のすごし方を書いた方が
面白かったかもしれないなぁと思っています。

いろんなタイプのジャニヲタがいるんだなぁと思って他の方のブログも楽しく拝見させていただいています。

*1:関ジャニ∞アルバム8UPPERSのインスト

関ジャニ∞リサイタルに行ってきました(三重編)

とっても今更ですが、楽しかった思い出を書き残しておきます。


三重(25.26日1部) 長野(8.9日1部)に入ってきたので、会場ごとにまとめていいとこだけピックアップしてレポします。
思いっきりネタバレします。

記憶が曖昧かつ不慣れなので間違っていることもあるかと思いますが、温かい目で見てやってください。
あと、全員をまんべんなく見ているつもりですが偏りがあるのもご了承ください。



まずこのイベントが発表されたときにあーだこーだ言ったのだが、関ジャニ∞がやりたいことやればいいんじゃないのかな、全力で楽しんだもの勝ち!という結論に至ったので、とてもフラットな気持ちでこの日を迎えた。
(チケットが当たったからでしょと言われてしまえば返す言葉もないのですが...)



まず、ステージは上手下手に運動会の入場口みたいなものがあり、
センターには土管が置いてある。
パンフの裏の「お前のハートは俺のもの、俺のハートは俺のもの」からもわかるが、完全にジャイ●ンを意識している。


OP

1列になって行進して入場。
丸山くんの
「アイドルマンシップにのっとり、夏の暑さにも負けず、皆さんのハートをがっちり掴むことを誓います!」という選手宣誓から始まる。
マイクなしで聞こえる近さね。


1.がむしゃら行進曲

ニズムの時から言ってるけど、「君たちが明日のヒカリだ」って歌う7人がキラキラしてて大好き。

(25)すばりょが肩組み。ざわつく私。

2. TWL

アリトロ CD間→バクステ

(25)Dブロ最前だったので目の前にエイトさん総揃い。
久しぶりにこんなに近くで見ました。
下からのアングルも最高に格好良かったです。横山さん麗しすぎた...。

3.好きやねん、大阪

(25)セリフ担当丸山くん。
「三重のみなさん、見え見えですよ~!」
終わったあと丸山くんを褒めにちょっかいを出しに行くヒナちゃん。
(丸山くんビクッてしてて可愛かった...!)

(三重26-1)
セリフ担当 大倉さん
「今日はみんなを...(噛む)」

4.無責任ヒーロー

すみません、なぜか記憶がありません。

着替え

錦「すばるくんの帽子が黒から白に変わります!」の言葉と共に昭和のスターっぽく顔を作るすばるくん。
エルビス・プレスリー?スター錦野?みたいな衣装に着替える。

(26-1)錦戸さんのセリフを待ってるすばるくん。
錦戸さんご満悦。

MC(挨拶)

(25)横「いつもはみなさんに来てもらっているので今回は僕たちから出向きました。距離の近さに戸惑っています。」
丸「say!みーえ!(ファン復唱)」「みーえ!(ファン復唱)」
「みえみえ?(ファン復唱)」「みんな見え見えだぞ~!」
大「アイドルなので、アイドルらしく最後まで頑張ります!」
渋「女の匂いがしました。」
錦「男性ホルモンがたくさん出ています!」
安「名古屋からバスで来たけど遠かった。みんな来てくれてありがとう。」
村「お誕生日うちわ持ってる方おめでとうございました!」


(26-1)
横 25とほぼほぼ同じ挨拶
丸「近すぎるフゥー!(ファン復唱) ヤバすぎるフゥー!(ファン復唱)」
 「(丸)カレーの?」「(ファン)ルー!」
大「好きやねんで噛んでごめんなさい」
渋「リサイタルならではの関ジャニ∞を楽しんでもらえたら」
錦「みなさんも楽しみましょうね(妙な余韻)」
安「この夏1番の思い出作ろうぜ!」
村 25日と同じウチワ話

5.ジャニーズメドレー

LOVE YOU ONLY
イントロできゃっきゃしてるエイトちゃん。バンドでもできただろうに、踊ってくれたのは嬉しかった。
「キスがしたいよ」のところで丸山くんにキスをせがむ大倉さん。
丸山くんキス魔だからそろそろ本気でちゅーされちゃうよ!

(25)一人だけ間違えてトロッコ乗り場付近まで広がっちゃった丸山くん。その後も含めてとっても可愛かった。


ギンギラギンにさりげなく

ヒナちゃんヤスくんがしゃかりきに踊っていた。(くるくるまわってた)
tornだけバクステにアリトロで移動。


ファンタスティポ(torn)
修学旅行の出し物で踊ったので懐かしかった。
サビ前のフリが可愛いんだよなぁ。

(25)フリを忘れてニヤっとする錦戸さん。


愛のかたまり(山田)
イントロが流れたときにやすばか山田だったらどうしよう....!と震えていたのだが予想的中。
ハモリがとっても綺麗で2人ともかっこよくって私生きててよかったわと思った次第です。

(26-1)メンステ側しかも丸山くん側の席だったので双眼鏡で追っかけ回した。
歌い始めるときの指の角度とスイッチの入れ方、かっこいいがすぎるよ、丸山くん。


君だけに(三馬鹿)
キレキレダンスの松原.を従えて歌うセンター横山さん。ヒナちゃんの踊り方が好きな部類のやつで凝視していた。たまらん。
少年隊もいいけど、そろそろNYC辺りをやってほしい。ユメタマゴとかどうです?


青いイナズマ(年下)
倉安×まるりょの分かれ方。
get you!もキマってました。


Everybody Go(横山さん)
十祭のオリスマ然り、横山さんにソロを歌わせたい人がいるのかな...?
ローラースケートでくるくる回ってくれるかと期待したのにヅラオチでした。
それはそれで面白かった。


感謝カンゲキ雨嵐
これだけはもやっとした。
もうKINGは葬ろうよ。
ただ、大山田×三馬鹿錦戸さんの組合わせは最高だった。


愛しのナポリタン
イントロのきめ顔のかっこよさと
ハトみたいに右左に首動かす可愛さのダブルパンチ。
大サビのナポリタンの部分で渋谷さんがボケまくる。

(25)5杯目くらいからヘタレ大倉さん発動。可愛いから許す。
「君に会いたい」のフリがすばるくんのお気に入り。ファンも加わって踊る。
10回くらい繰り返したのかな?
お陰様でフリは完璧になりました。

(26-1)
懐かしい響き縛りでメンバーもボケに加わる。

渋「同情するなら金をくれ」
丸「不可能を可能にするのが有閑倶楽部ですから」
倉「僕は死にませーん!」
渋「ずっちぃーなぁ」
みんなおかわりの言い方と顔が可愛くってねぇ。


SHE! HER! HER!
十祭ネタ再び。

HGTB(ハートがっちりつかんだる部)

VTRあり。
途中でコメントを切られる丸山くん。
かっこつけて「強くなったらぁ、お前のハートつかむかんな!」という横山さん。
へなちょこ渋谷さんあたりが面白かったかな。

体操服で登場。渋谷さんはハイウエスト。

(25)関パニの一筆で伝えましょう。
①チューリップ(すばるくんから)
スカイツリー(錦戸さんから)
③ネコ(大倉さんから)
渋谷さん絶好調。画力はもちろんのこと、カントリーマームが落ちてて取りに行ったら新幹線に引かれただの、メンバーが絵を描いてる間に靴を塗りつぶしたり楽しそうで何より。
横山さんもつられてボケるし、この2人が暴走するとヒナちゃんも加わっちゃうから年下組は収集するのに大変だったろうなぁと。
三馬鹿×年下の分かれ方が大好きな私は楽しくて仕方なかったけど。
三馬鹿を年下の間に入れたい錦戸さんに対して「俺らが入れたってるんや!入れられてるっていう感じは嫌!」って歯向かう三馬鹿、それに対する錦戸さんの態度。このやりとりがたまらなく愛しかった。

個々人の絵に対するコメントも面白いのがいくつかあったんだけど、一番笑ったのは顔がちぎれたネコと言われて「水面に映るネコやん」って言ったヒナちゃんのコメントでした。

横山さんが仕切りの隙間(?)を覗いていたんだけど何かあったのかな。
あと、丸山くんが下向いてる時間が長かったのはお疲れだったのかそれとも不正をしないためだったのか。渋谷さんが面白いから嫉妬してたのかも。ちょっと心配でした。

(26-1)
仕分けのゾロって7。
①松坂牛。どの部位を食べる?
村安丸渋:タン
錦横:フィレ
大:カルビ

②学校で告白するならどこ?
横丸安村:体育館裏
錦:体育館
館の漢字が書けない人続出。
錦「自分の館が舘ひろしみたいになってる!」

渋:踊り場
「体育館裏はシバきシバかれる所やろ」

倉:図書室
「本の隙間から…」
渋「それ○V!」

③ダジャレと言えば?
横錦丸村渋:ふとんがふっとんだ
横:そんなバナナ
安:アイーン
ダジャレがわからないヤスくん可愛い。

④サウナで言う一言は?
大倉さん以外:あっつー
大:はぁ~

⑤ゴリラとサル丸山はどっち?
全員:ゴリラ

⑥つねられて1番痛いところは?
横丸安錦渋:内もも
大:腕の裏
村:脇腹
渋「それはこちょこちょするとこやろ!」

⑦横山のチャーミングなところは?
錦戸さん以外:唇
錦:下あご
悪意しか感じないわ錦戸さん…。

⑧何フェチ?
横山さんに合わせることに。
全員:脇

⑨村上の推定資産は?
丸倉安:10億
錦:失礼なこと書いてしまった…2億
渋:約20億。前この単語だけのメールがきた
村:10億
横:地球5個分。俺聞いたもん。

ヒナちゃんのことはよく知ってる!と張り切る横すばが愛しかった。三馬鹿尊い...。

関ジャニ∞にこれから必要なことは?
考える途中で
丸「わかった!」
大「ヒント教えて」
丸「ビブラートに包むとぉ」
横「オブラートな」
このやりとり本当面白かった。

丸:ハートをつかむこと
渋村:実力
錦:チームワーク
安:チームクーク(チームワークと書きたかった)
大:ビジュアルUP
横:海外コンサート

そこはミリオンヒットとか言ってほしかったなぁっていう...。
松原.が実力と書いてくれたのがせめてもの救いかと。

⑪ジャニーさんに膝カックンしたら何と言う?
丸渋安村:YOUやばいよ
横:YOU何してんの
大:YOU!
錦:YOUすごいよ
亮に対しては言いそうやなって言ったのは誰だったっけ…?

それにしても
倉「おなかすいた」
丸「今おやつの時間やで」
↑この会話があった時にパッと時計を見たら3時だった。
まるくらちゃんの体内時計の正確さにびっくり。

7.前向きスクリーム!

伊勢海老ヒナちゃんが企画内容を説明。
ドデスカの映像が流れる。

オロナミンカラーの衣装で登場。
25、26-1共にちびっことコラボ。
可愛らしい高1の男の子をエイトがいじる。

正直空気がちょっと変わったなぁというのは感じてしまったのだが、私はエイトしか見てないので(ごめんなさい...)楽しめました。ちびっこたちを見るエイトの姿が微笑ましくて素敵だった。

(25)
最後にみんなが集まるときに隠れてしまった男の子を前に出す横山さん。そういうこと好き!

(26-1)
肩組まるくらちゃん。
終始仲良しこよしでした。
横山さんが男の子に耳打ち
「みんな愛してるよ~!」と言わせる。
次に丸山くんが耳打ち
「エビマカロニサラダー!」と言わせる。
あの可愛い男の子、おっさんたちの遊びに付き合ってくれてありがとね...><

しかし、ゆるキャラコラボが見たかったなぁ...。

8.お近づきメドレー

  1. イッツマイソウル
  2. あおっぱな
  3. モンじゃいビート

スタトロ:ヒナちゃん、すばるくん、丸山くん、錦戸さん アリトロ:大倉さん、ヤスくん、横山さん
(途中でトロッコ交代)
この辺はファンサ祭り。

すばるくんはスター顔して悠長にお手振り。
大倉さんがお尻さわられまくってた。

彼らの表情を見てるとこれがやりたかったんだなぁとしみじみさせられた。


25は終始丸山くんのお尻を拝んでいたのだが、26はうちわに気付いてくれて、「あっ!」って言って笑って手振ってくれました。まさか自分だとは思わずに周りをキョロキョロしてしまったのだけど、周りに丸担さんは全くいなかったので自分だったと勘違いしておきます。
ありがとう、丸山くん。

キャンジャニちゃん

すば子「ほんとあなたたち関ジャニが好きね」
倉子「ハートつかまれすぎてボロボロなんじゃないの?」
安子「安子ボロボロにされたーい!」
錦子「そういうこと言うなや、お前」

村子「なんと私たちCDデビューが決まりました。」
丸子「夢みたーい!」
倉子「うるさいブス」
村子「デビュー曲はCandy My Loveです。」
錦子「どんな曲なのかしら」

30秒くらいのMVが流れる。
すば子「いい歌やわぁ。」
錦子「みんなもよかったらCD買って聴いてね」
横子「このあともコンサートは続くから楽しんでね。」
すば子「次の曲はなんだ?」
村子「それはさっき言ったじゃないか」
全員 「言ったじゃないかー!」

9.言ったじゃないか

箱が狭いのでドームで聞くより迫力があって良かった。何度も言うがバンドエイト推奨派の私には、音が近くて楽しくて仕方なかった。

(25)錦戸さん赤いバンダナ着用。
間奏の大倉さんの台詞が「大倉くんの顔が大好きだって言ったじゃないか」に。

(26)僕は君が好き~のところでウィンクする丸山くん。

10.ズッコケ男道(バンドver.)

いつかのMステでやったあれです。
関ジャニ∞かっこいいなーとこの公演の中で1番強く感じたシーンでした。
バンド縛りでツアーやって欲しいなぁとふと思った次第です。
バンドノリにしようかと思ったが、反射的に体が動いてしまいいつものフリをしてしまった。そんなのも含めていいなーと思った1曲。


(26-1)ヤスくんが最後に頭の後ろでギター弾いてた(伝わる?)

アンコール

11.無限大

エイトとファンのカラオケ大会。
丸山くんとヒナちゃんがサイドの席に良く行ってた印象。





グッズも30分くらいで買えたし(しかも室内)、車で行ったこともあり特に不便さを感じることはありませんでした。
駐車場から出るのに1時間半かかったり、行き止まりに案内されたり、帰りは散々でしたが、それも含めていい思い出。

次のレポはいろいろあった長野公演です。
リサイタル自体に対しても言いたいことはいっぱいあるので、個人的なまとめもここでできたらと思います。