いっそおかしな妄想まで付き合ってくれ

「関ジャニ∞は世界一!」が口ぐせです。丸山くんにたらしこまれたい。

関ジャニズム①

やっぱり私を1番ドキドキわくわくさせてくれるのは関ジャニ∞だ。
銀河一かっこいいのは関ジャニ∞だ。
関ジャニズムを見終えた感想はこれに尽きる。


関ジャニズム LIVE TOUR 2014≫2015 [Blu-ray]

関ジャニズム LIVE TOUR 2014≫2015 [Blu-ray]



まずは本編の感想から。
マイナスのことはあまり書きたくないのだが、今回のツアーはアルバム発売の時点ではあまり期待はしていなかった。
1、2公演入ればいいなと思っていたのだが、関ジャニ∞のコンサートはやっぱり楽しいもので当初の予定の倍以上の公演に入ってしまった。その感想を全くまとめていなかったのでちょくちょく交えながら特筆すべきところだけ書くことにする。
カメラアングルについては極力触れないでおきたい...。




1,EJ☆コースター
EJ☆コースターのイントロはなぜこんなにもワクワクさせてくれるんだろうか。関ジャニ∞ランドの開園曲には持ってこいだと思う。楽しさ全開。


2,無責任ヒーロー

3,がむしゃら行進曲
イントロの山田/ただよしんごの可愛いこと。「君たちが明日の光だ」と歌う彼らが眩しい。このキラキラを守りたいと勝手に思った。


4,RAGE
前日の11日公演に入っていたので、MCで話してたこと本当にやったんだねっていう。個人的に今回のアルバムで一番楽しみにしていた曲だったため、毎公演「掴み取れ~」のヒナちゃんがなかなか抜かれなかったことと、お手振り曲にしたことは恨むが、わしゃわしゃただよしんごに免じて許す。大倉さんが犬みたいで可愛い。


5,FUN×8
アルバム時にはピンとこなかった曲だったが、ちゃんと関ジャニ∞の歌になってた。RIP SLYMEさん×関ジャニ∞って合うのかもしれない。関ジャム来てくれないかな。


6,三十路少年
フリが罪。可愛さ大爆発。
練習の時と同じくらい本気で踊ってもいいんだよ、錦戸さん(メイキング参照)。


このあとの映像の丸山くんすっごく格好いいよねぇ...。毎回ため息ついてた。


7,アダムとイヴ

8,アイスクリーム
可愛いは正義!
ヤンマーちゃんは正義!
しょーちゃんと亮は正義!


9,道

10,Masterpiece
11,フローズンマルガリータ
この2曲、ツアー時は双眼鏡で丸山くんをロックオンしていたため全体の動きが見れなかったのが心残りであった。横一列になることもありマルチアングルになるだろうと期待していたが想像を上回るクオリティ。私の脳内HDDをフル回転して穴埋めするからいいもん。

12,ふたつ手と手

13,CloveR

14,T.W.L

15,cool magic city
いつかみたいに初日だけやってセトリから外れることがなくて良かった。大好きなクルマジ。


16,愛 Love You
仕方ないのかもしれないが、MCに1人だけいなくなるのもソロが1曲少ないのも寂しいなぁと思ってしまう。Dear希望。


17,ソロメドレー
やっとButterfly I Lovedを歌ってくれて歓喜!しかし入った公演全てバクステ側だったため、大倉さんのお尻しか見えず無念。

18,絆奏
19,象
20,キング オブ 男

男メドレー(勝手に名付けた)すごくいい。スタンドマイク効果もあってかとんでもなく格好良い。絆奏はマルヒナの背中合わせが大好きでそこばっかりリピートしてる。
あとここら辺からはハイパーヤスくんタイム。格好良かったり可愛かったりで本当に同じ人かと思ってしまうほど。まさに心はローリングコースター。この印象が強いため今回のツアーはヤスくんのツアーかなと思っている。(ちなみに去年はすばるくんと横山さん。)


21,シングルメドレー
22,ゆ


セッションからバンドコーナーが始まるわけだが、今回は今までのセッションの中で一番好きだ。今までのものは、どうしても「リズム隊とその他」感が拭えないなぁと思っていたのだが、今回は違った。
ヒナちゃんのキーボードから始まり横山さんのトランペット、丸山くんのベースと続く。関ジャニ∞全員でやっている感じがしてツアー中から大好きなシーンだった。
先日も書いたが、横山さんがオリスタにて(このオリスタは買いだと思う。)

あのライブは初めて7人でセッションしてる感じがあって、すごく楽しかった

と発言していたように本人たちも同じように思っていたのかなと。横山さんがトランペットを始めたことがこんなに良いことをいっぱいもたらすとは。
にしてもすばるくんのブルースハープが凄くいいんだなぁこれが。


23,ドヤ顔人生
24,言ったじゃないか
25,LIFE~目の前の向こうへ~


関ジャニ∞のバンドが好きだ。
私にとってファンサとは手を振ってくれることでも近くに来てくれることでもない。ただただ目の前のことに一生懸命でがむしゃらに取り組み、大好きな仲間と笑い合う姿を見ることである。別に周りを気にしなくてもいい。前を向いて突き進んでくれればいいのだ。私が思う関ジャニズムとはこれである。たくさんのファンサが詰まったこの部分が私の一番のお気に入りである。



(アンコール)
1,オモイダマ
2,無限大
3,ズッコケ男道

アンコール込みの演出という点が今回の特徴かと。個人的にはこの演出好きだった。


(ダブルアンコール)
1,イッツ マイ ソウル
2,All is well
去年の歌という印象が強すぎるため、最後がこれかーというのが正直な感想だが、他に何が良かったかと聞かれたら残念ながら答えられない。彼ららしいと言えば彼ららしい選曲。




歌もダンスもバンドもロックもできる。可愛いかったり格好良かったり、バカだったり残念だったり格好悪かったり。そんな関ジャニ∞のいいところがたくさん詰まったDVD。
是非ご覧ください。
特典については後程書けたら。


しかし、JBより売れていないのは内容の問題か、それとも全体的にファンが減ったのか、お金を出さないファンが増えたのか、なんなのだろうか。
こんなに格好いいんだけどなー。
どうしたら売れるのかなー。

広告を非表示にする