いっそおかしな妄想まで付き合ってくれ

「関ジャニ∞は世界一!」が口ぐせです。丸山くんにたらしこまれたい。

誰かが欠けることに敏感な彼らだから

 

どんな形であれ、きっと7人の関ジャニ∞を見せてくれると思っていました。

 
 
私はあの公演に入っていました。
異様な空気の中始まったけれど、メンバーからスタッフさんからファンから、大倉さんへの愛が溢れていて本当に素敵な公演でした。あの日のことは今でも一瞬一瞬思い出せるくらいに。
 
「大倉がいなくてもできるんだ!」ではなく、「大倉がいないとだめなんだ!」を精一杯表現してくれた6人は世界一格好良かった。
私もこの6人に応えなきゃいけないと勝手に燃えたりもした。
それもこれも、関ジャニ∞が今までいろいろな事を乗り越えてきたから、何より誰かが欠けることに本人もファンも敏感であることを知っているからこそだと思っていた。
だから今回はDVDの発売もないかもなぁと覚悟もしていました。
「6人でアンコールはやらない」と言っていたし。
 
 
 
そんな中のDVD発売発表。
しかもオーラスを収録。
 
あれをもう1回見たいか、繰り返し見たいかと言われるとうーんって感じです。
すごく我が儘だとは思いますが、私の心の深くに大切にしまっておきたかった。
何回も見たらあの気持ちが薄れてしまうような気がして。
 
なんて言っていますが、関ジャニ∞の姿を正気で見れないだろうなというのが本音です。あの日の6人はとっても格好良かったけれど、見ていてとても辛かったもん。
 
でもこんな形で発売になったのは仕方ないかなぁと思います。
自主レーベルとは言え、組織の人ですから。そこは納得しました。
完全生産限定からも、これっきりっていうのがわかるし。買おうか悩んでいる人には酷な売り方だなと思うし、そもそも他の公演もゴキブリカメラ回しとけよって話ですが。
 
 
じゃあ何が気に入らないんだろうと考えた時、あれが関ジャニ∞の物語として公式に提供されたということだと思いました。
そこじゃないんだよなぁって。
辛かった事も辛いとは言わず、あの頃はひどかったな~、でも楽しかったよね~と笑い飛ばす、それが関ジャニ∞だと思っています。そんな彼らが大好きです。
 
あの日の公演がDVDになるなら、エイトレンジャー2みたいにビジュアルコメンタリー風にすれば良いと考えていました。
あの日の映像を見ながら大口開けて笑う大倉さんと、それをみて微笑む6人。
それが私の一番見たいものでした。
 
今回の煽り文句や紹介文に散りばめられた、「お涙頂戴、感動するでしょ?」感が気に入らない。
史上最大の試練?はっ?て感じ。
あんなに素敵な公演を薄っぺらないものにしてくれるなと。
物語はこっちが勝手に作るものであって、公式が作るものではないと。そう思うのです。
 
 
グダグダ言っていますが、もちろんDVDもBlu-rayも予約済みです。
彼らもたくさん悩んで話し合って、この発表をしたと思うので(と信じたい)。
発売してくれてありがとうとは素直に言えないけれどちゃんと買います。
彼らが前を向いて進んでいるのにウジウジしているわけにはいきません。
 
個人的な願望としては、
キャンジャニちゃん自己紹介と村子ちゃん劇場のダイジェストが入っていると嬉しい、というかこれはマスト。
あとは、大倉さん満載の特典であってほしいと切に願います。
あっ、オタクの映像にお金を払っているわけではないので極力映さないでいいよ(まぁ無理だけど)。
もちろん、ビジュアルコメンタリーの望みも捨てていません。
期待くらいしてもいいでしょ?
 
 
これからの関ジャニ∞に良い形で繋がると信じて、6月15日を待とうと思います。