いっそおかしな妄想まで付き合ってくれ

「関ジャニ∞は世界一!」が口ぐせです。丸山くんにたらしこまれたい。

君の笑う顔をいまここでみていたいから

あれから1週間が経ちました。

未だに、関ジャニ∞の曲は聞けないし全員の出ているテレビを見ることはできない私ですが、意を決して20日に会見のWSを編集することにしました。

 

当たり前だけど、どの映像もすばるくんがほとんどで、メンバーのコメントはヨコヒナが多かったな~という印象ですが、私は丸山担なのでどうしても丸山隆平さんが気になってしまうわけですよ。丸山隆平さんのコメントを噛み締めてしまうわけですよ。引きの映像の中に丸山隆平さんの姿を探してしまうわけですよ。

 

関ジャニ∞の元気印で、感情表現があまり上手でない丸山くんがカメラの前であんなに寂しそうな表情をするなんて。時々笑っていたけれど、あれは小さい頃からちゃんとしないといけない時に笑っちゃうっていう癖だよね?

どんな形であれ、大好きな人が泣いていたり元気の無さそうな姿を見ることは本当に辛くて胸がぎゅーっと締め付けられる気持ちです。

 

そして、知っての通り丸山くんはすばるくんに対して恐ろしい程の愛を持っているので、あの会見を見ながら「丸山くん、大丈夫かな...」と正直心配になりました。

音ゲームをして共鳴しあったり、だだずべりした時も面白い一言でええ感じにしてくれたり、何よりベースを頑張るきっかけをつくってくれた人がいなくなっちゃうなんてどんな気分なんだろう。

どんな気持ちで泥棒役者をやっている(た)んだろう。

幕が上がる日がやってくることは、決断の日が近づいてくるということ。

複雑だっただろうなぁ。

15日は東京の初日だったから、お客さんの顔を見るの辛かっただろうなぁ。

いつかのカテコで「笑えた?」って聞いてくれたみたいだけど、まるちゃんは心から笑えてる?

ベースのことはこれからも好きでいてくれる?

...なんてわたしの愛もそこそこ重めじゃない?と突っ込まずにはいられないようなことを考えたりしました。

 

 

そんな中の翌日(4月21日)のサタプラです

丸山くんが何を言うのか聞きたいような聞きたくないようなそんな気持ちで朝8時を迎えました。

会見の映像を見ながら、道が流れた時に「まじか~」なんて言って少しおどけてみて。言葉を選びながら自分の気持ちを話してくれて、最後には照れながら眼鏡をかけていた理由を話してくれて。

まるちゃんは、とっても強い人だなぁと思います。というかいつの間にか強くなっていたね。

でも、コメントしている時の声や表情がいつも通りではなかった、映像を見ている顔もなんとも言えなかった。やっぱり寂しいよね。悲しいよね。でもこの人本気で渋谷すばるに惚れてんなとも思った。すばるくんのことを考える時の顔!!

あのコメントは自分に言い聞かせているのかなとも思います。まるちゃんがそう言うなら私はその言葉を信じて、その姿を応援するのみです。

でもまるすばが金輪際見られないのは辛いよ~(まだ言う)

 

 

それにしても眼鏡の件、私も疑問に思っていて、自分の本心を隠すためなのかな~なんて考えていたので、そんなほっこりエピソードがあるなんて思いもしなかった。

そういう根っこから優しいところ、しかもそれを人に言わないでおくところが大好きなんだよ~~と好きが溢れる。思えば大倉さんが腸閉塞になった時、大倉さんの名前を肩に書いてイケメンカメラ目線に出ていたのはヤスくんだったし、本当に山田は種類の違う優しいと優しいの掛け合わせだな~。 

 

とりあえず、あなたが笑っていたので良かったです。いつだって私たちに伝えようとしてくれてありがとう。でも無理はしないでね。


f:id:kaaan8:20180422161800j:image