読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いっそおかしな妄想まで付き合ってくれ

「関ジャニ∞は世界一!」が口ぐせです。丸山くんにたらしこまれたい。

関ジャニ∞の元気が出るCD 通常盤感想

関ジャニ∞の元気が出るCD!!

関ジャニ∞の元気が出るCD!!

11月11日に発売されました!
関ジャニ∞のニューアルバム「関ジャニ∞の元気が出るCD」
本人たちからも運営からも売る気がビンビン伝わってくるので売れろ!!と念じながら、とりあえず通常盤の感想を書きます。シングルは割愛します。

Disc 1

①High Spirits
エイトが自分たちで演奏したらしい。
横山さんトランペットが頼もしい。
JUKEBOXツアーの、トランペットを吹く横山さんを皆で見守るあの感じを経験することはもうないんだろうなぁと思うとちょっぴり悲しいけどとっても嬉しい。
全体的にどの音も格好良くて、これ見せられたらひれ伏すしかないわなって感じ。


②勝手に仕上がれ
ラジオで聴いた時に無条件でいいなと思ったけれど、①からの流れが最高に格好良い!!
コンサートでは丸山くんを双眼鏡でロックオンする会の会長になろーっと!
ただ、「丸山!」って呼ぶ渋谷さんのことも見たいの。
目がいくつあっても足りない。


④韻踏ィニティ
渋谷さん作詞。

「ここにダケ偽りガ無イ世」
「阿呆ナこと本気deたのしんでヤンだヨぉ」
「ドーーンな事でも楽しんだもんガッチャで」
なんとも関ジャニ∞というか渋谷さんらしい歌詞。

ただ、台詞部分も渋谷さんが書いたんだよね...?
媚びた(と言ったら悪く聞こえてしまうかもしれないけれど)ことも書くようになったのね...としんみり。

余談ですが、1番の台詞は丸倉だけど、最近の丸倉と言えば夏の恋人でも取り合ってたわけで。ということは浮気お嬢さんはすば子ちゃんってことでOK...?


⑤バリンタン
ヒナちゃん作詞、ヤスくん作曲。
ヒナちゃんがこれを書いたのかと思うと可愛さが倍増。
錦戸さんの「あれっ?忘れていたよ」の言い方が可愛くてそこばかりリピートしている。
コンサートではTWLみたいな感じに使われるのかなぁ。ヤスくんがピョコピョコしてる姿が想像できる。来週の少クラが楽しみ!

今年のツアーのペンラはタンバリン型なのかなーなんて思ったり。


スペアキー
エイトにはあまりない真面目ド直球失恋ソング。
横山さんから始まるのも良い。
渋谷さんとヤスくんの歌い方が好きだなぁ。


⑨ナイナイアイラブユー
Taking Rock!で渋谷さんが「ラッツ&スターですね」って言ってたけど、本当にラッツ&スターだった。
コンサートでは黒塗り×派手スーツで歌ってほしい。
しかし演歌部門でデビューの人たちなだけあって、こういう昭和チックな歌を本当に上手に歌い上げるよね。
大倉さんの低音ボイスが◎


WASABI
ブリュレの田中さんが作詞作曲とあって一番期待していた曲。
ANNで流れた時にはイヤホン外してネタバレ禁したくらい(笑)
いつだって2番手ポジの関ジャニ∞が大好きだし、わさび以外にもうちょっといい食べ物なかったのかなと思ってしまうけれどそんな感じも含めて良いなぁと思う曲。
個人的にはめっちゃくっちゃ錦戸亮の歌。
ブリュレもそうだけど、こういう曲調と歌詞が錦戸さんに合うんだろうなぁ。
2番のヨコヒナの掛け合いも良い。


⑪ナントカナルサ
「ケッセッラセーライッツオーライ!」がとってもキャッチー。
2番の大倉さんの歌い方が大好き。
バンドでも可愛いダンスでもいけそうな曲。

ベースの音がこんなにはっきり聴こえるのはなかなかない気がする。


⑭ふりむくわけにはいかないぜ
サンボマスター
「どこかに落としてしまった忘れ物はほっとけよ今が全てだろ?」って言う横山さんに毎回笑ってしまう、ごめんなさい。
適材適所というか、この歌詞はこの人が歌うよね、やっぱり!って思える部分が多いかな。
大倉さんのソロがなかったのが残念。


⑮元気が出るSONG
まだドキュメントを見ていないので、コンサートの最後に歌う歌を作った(オリスタより)ことしか知らないのですが、all is wellがエイトとエイターの歌なら、この歌はメンバー同士の歌なのかな。
「楽しい時過ごす人はいた 辛い時 君がいてくれた」と横山さんも歌ってるし。
だからかall is wellよりもすんなり入ってきた。

ただ、ずっと一緒×7はちょっぴり怖い。
コンサートの時にこの曲のバックでヘモグロビンみたいなの(エイトコンによく出てくるやつ)が流れる画が想像できてつらい。


Disc 2

①my store ~可能性を秘めた男たち~
作詞 関ジミ3。
大山田ではなくて関ジミ3と書いたり、歌詞が自虐的だったりして愛しい。
(個人的に大倉さんに自虐的な歌を歌わせたら最強だと思っているのです。)
モナコブルーみたいな曲を望んでいたけれど、これはこれで全力で楽しそうに歌う大山田が見れそうでわくわくする。

関ジミなんて言われてたこの3人が主演ドラマとか番組MCやってるんだから感慨深いしジャニヲタ楽しい。


②バナナジュース
君が喜んでくれるからバナナジュースを今日もたくさん作っちゃうよみたいな、theよこりょの歌詞を想像していたのに全く違った。
元気が出るSONGもそうだけど、錦戸さんが手を加えたものって間違えないんだよなぁ。脱帽。


③渇いた花
一発録りらしくヒナちゃんの緊張感が音だけでも伝わってくる。
松原.だけの世界がただただ素敵でユニットの中では1番好きです。
大サビのヒナちゃんに渋谷さんが乗っかる感じがたまらん。

④Love & KING
「No more KING!!!」と声を出して言いたいところだけど、良くも悪くもエイトはひとつ当たったものを掘るクセがあるからなぁと思って納得した激甘なヲタク。

KINGのラップ技術が確実に向上してるし、「らーぶあんどきーんぐ!」をノリノリで歌う愛しいエイトが見れそうで何より。




感想は以上。
元気が出るCDとっても良いです。
あとは、この曲たちの印象がコンサートでどんな風に変わるのか楽しみで仕方ない。
去年は完全にヤスくんのツアーだったと思っているけど、今年はどうなるかなー。
それと、とにかくC&Rが多いので、札幌までに覚えなければ...!

広告を非表示にする